シェアハウス運営の手間は一切なしで家賃収入を得る方法

シェアハウス運営の手間は一切なしで家賃収入を得る方法

物件の管理方法は3つ!シェアハウスではサブリースが一般的

不動産の管理方法について

収益物件を購入したあとの管理方法についてご紹介します。一般的にはこの3通りの方法に分けられるのですが、シェアハウス経営については管理が多岐に渡ることからサブリースを利用することが多いでしょう。

自主管理とは大家さんが管理業務を行なう方法

自主管理の仕組み

まず「自主管理」とは入居者募集業務のみを不動産会社に委託するもので、そのほかの清掃やクレーム対応などは大家さんご自身で行なうというものです。入居者と大家さんが賃貸借契約を結びます。

トラブル対応などは24時間365日いつ起こるか予測できないため、いつでも入居者と連絡が取れるようにご自身の電話番号を伝え、いざ問題が発生した際には速やかに対応しなければなりません。たとえば水漏れは階下への被害も考えられるため、連絡があった際にはスムーズに修理などの手配を行います。

自主管理の最大のメリットは管理手数料がゼロになるということです。またご自身で修繕できる方なら修繕費も抑えられます。一棟マンションを自主管理されている大家さんもおられますが、物件数が増えるにつれ管理が難しくなるでしょう。

一般管理とは管理業務を委託する方法

一般管理の仕組み

次に「一般管理」ですが、これは自主管理と同じく入居者と大家さんが賃貸借契約を結び、さらに入居者募集やクレーム対応など物件の管理業務を不動産会社へ委託する方法です。

トラブルが発生した際の対応やクレーム処理、家賃滞納者への督促などを委託できるので、物件数が増えたとしても問題ありません。ただし管理を委託するため“管理手数料”として家賃の数%(約5%ほど)を毎月支払うことになります。

サブリースとは企業が建物を一括で借り上げる方法

サブリースの仕組み

そして「サブリース」とは自主管理とも一般管理ともまったく違う管理方法で、サブリース会社が建物を一括で借り上げ、それを第三者へ転貸(又貸し)し運営します。賃貸借契約は入居者とサブリース会社との間で結ばれ、毎月の家賃収入から手数料を差し引いた金額が大家さんへと支払われます。

サブリースの最大のメリットがたとえ空室になっても安定した家賃収入がサブリース会社から支払われることです。もちろんクレーム対応などの業務の一切を任せられるため、サラリーマン大家さんでも本業に支障なく不動産経営を行っていただけます。

収益物件を購入したあとの管理まで安心してお任せください

シェアハウスの管理方法について

不動産投資は物件を建てるだけで終わりではありません。物件の管理や賃貸管理など様々な業務が発生します。

  • 「物件管理」…建物の清掃など
  • 「賃貸管理」…入居者の募集、集金、クレーム処理など

たとえば入居者を集めて契約書を交わし、クレーム対応や家賃の集金など、管理・維持にかかる労力と時間は大きいものです。とくに初めて不動産投資をされる方にとっては慣れないことも多く大変です。サラリーマンのように専業がある方がこれらを全てやろうとすると、プライベートの時間の大部分を犠牲にでもしない限りは難しいでしょう。

しかし実際のところ全てを自分でされているオーナー様はほとんどいません。「サブリース契約」を管理会社と結ぶことでオーナー様はシェアハウス経営の手間を一切負うことなく毎月の家賃収入を受け取ることができるようになります。

サブリース契約のメリットは空室リスクの不安がないこと!

サブリースのメリットについてもう少し詳しくみていきましょう。

空室が出ても家賃収入がはいる

不動産投資の最大のリスクと言われているのが「空室リスク」です。とくに地方や郊外では人口減少により空室が長期化しており、半年や1年以上も入居者が決まらないということもあります。区分所有マンションでは空室になれば収入がゼロとなりますし、ローン返済計画にも影響がでてしまうため大きな問題です。

しかしサブリース契約では不動産会社が建物を一括で借り上げるため、空室の有無にかかわらず家賃をお受け取りいただけるのです。

建物の清掃やクレーム対応などの管理業務に時間を割く必要がない

清掃サービス

クレーム対応や入退去時の各種手続き、現状回復や修繕などの管理をサブリース会社が行なうため、大家さんはプライベートの時間を削ることがありません。サブリースを利用することで「不労所得」を得て頂けます

またシェアハウスでは、一般的なマンションやアパート経営とは異なり、共用部分の清掃や備品交換、入居者向けサービスの展開など管理が多岐に渡ります。本業のある方には自主管理は非常に難しく、あまりオススメできません。

ミライトハウスでご紹介しているシェアハウス投資では、たとえばキッチンやトイレなどの共用部の清掃サービスや巡回見回りサービスの他にも、24時間いつでも対応できる「緊急サポート24」という体制を整えており、入居者の皆さまの快適な生活をサポートしております。

就職斡旋や各種イベントなどの入居者向けサービスを展開しています

シェアハウス入居者の皆さまへ就職斡旋やスキルアップのための各種イベントを開催するなど、多種多様なサービスを展開しています。これらの付加価値の高いサービスをご提供することで他のシェアハウスとの差別化を図れ、より高い入居率へと繋がっているのです。

管理の手間がないから遠方にお住まいのかたでも投資可能です

時間の節約

サブリースによって管理の手間がなくなるため、遠隔地にお住まいの方でも東京23区でのシェアハウス投資が可能です。

近年は地方での人口減少・都心部への流出問題がメディアを騒がせることも増えており、地方にアパートやマンションをお持ちのオーナー様は空室に悩まれることもあるかと思います。サブリースを結ぶことで、東京にシェアハウス物件を持てるということは、大きな魅力と可能性を秘めていることは間違いありません。

ここにはない情報も無料セミナーでお伝えしておりますので、これから不動産投資をお考えのかたは是非ご参加ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ