ワンルームの部屋イメージ画像

1Rは候補から外される!?入居付けしやすい間取りとは

選ぶなら人気のある間取りが良い!

物件選びでは立地や価格も重要ですが、なにより間取りもしっかりとチェックしなければなりません。たとえばワンルームと1Kでは似ているようで大きく違います。物件を購入したあとでは簡単には変更できないポイントなので、よく検討しておくとよいでしょう。

1.ドアがあるかないかで臭いや音の問題は大きく変わる

臭いや音などは多くのかたが悩む問題です。とくにワンルームタイプのお部屋は寝室とキッチンが同じ空間にあるためどうしても料理の臭いに悩まされますし、夏場などは排水口から上がってくる悪臭も気になります。

1Rと1Kとの違い

単身者からの需要がある1K(ワンケー)と1R(ワンルーム)ですが、この二つの違いはキッチンと入居スペースとを分けるドアがあるかないかというだけの問題です。ただ、この小さな違いで入居者満足度が変わり入居づけや入居期間にも影響するため、不動産投資をお考えのかたは知っておいて損はありません。

1-1.廊下の足音や話し声、キッチンの臭いなどを防ぐ

1Rには家賃が安い、開放感があるというメリットがあります。その反面、廊下を歩く足音や話し声が室内にいてもハッキリと聞こえてきたり、キッチンの臭いやお風呂の湿気に悩まされたりとデメリットが多いのも事実です。また、家賃が安いのは入居者にとってはメリットですが、オーナー様にとってはデメリットといえます。

女性は通信販売を利用するかたも多いので、荷物の受け取りのために玄関先で配達業者と話をすることもあります。そのとき名前や話している内容をほかの部屋の入居者に聞こえてしまわないかとヒヤヒヤしているかたもおられるでしょう。

もし1Kならある程度の臭いや音ならドアを閉めるだけでシャットダウンできますから、1Rよりも人気があるのも頷けますね。なにより快適な生活環境が整っているほうが満足度も高くなりますし、長く入居するかたも多くなると考えられます。

2.ワンルーム入居者の悩みを空室対策に活かせるか

1Rに住んでいるかた、過去に住んでいたかたが体験した問題を調べてみました。下記をご覧ください。

  • 肉や魚料理での臭いが残る
  • 排水口の臭いが酷い
  • 冷蔵庫の音がうるさい
  • 生ごみも入れるゴミ箱と寝室が同じスペースにある
  • 炊飯器やお風呂の湿気がこもる
  • 料理時の熱で部屋が熱くなる
  • 冷暖房の効きが悪くなる
  • 配達時の受け取りで部屋の中が見える
  • 来客時にトイレの音が漏れる

入居者の視点から考えると1R物件には課題が多いことがよくわかりますね。

ただし1Kでも最初の画像のようにお風呂と洋室との間に押入れなどがあるものは大丈夫ですが、そうではなくお風呂の壁一枚で洋室とつながっているものは音が漏れます。部屋を探しているかたのなかには、このようなポイントをしっかりと比較している場合もあるので、投資家のかたが物件を選ぶ際は1Kだから良いと判断するのではなく間取りまでチェックされることをオススメします。

1Rタイプのお部屋でも、築年数が浅いうちは簡単に入居づけできるかもしれません。しかし時が経てば建物や設備も古くなっていくため、もし周辺に家賃がおなじ競合物件(1K)があれば退去がでるたびに厳しい戦いを繰り広げることになるかもしれません。部屋を探しているかたが物件を比較する際のポイントを知っているかどうかで、投資家のかたの物件の選び方も大きく変わってくるでしょう。

3.シェアハウスのように設備を共有することも方法の一つ

1Rと1Kとの違い

料理時の臭いや熱、お風呂の湿気、トイレの音などに悩まされないためには設備を寝室などメインで使う部屋の外におくことで対策できます。

シェアハウスでは各部屋毎ではなく共有スペースにキッチンなどが置かれているため、個室に湿気や臭いがこもることはありません。また管理会社によっても違いますが、各シェアハウスを巡回しキッチンや洗面台などを清掃するサービスを行っています。掃除などを当番制にしているシェアハウスもありますが、入居者のなかにはルールを守らないかたもいるかもしれませんし、そうなれば悪臭が立ち込めるなど問題も出てきてしまいます。巡回サービスによって入居者の皆様に快適な環境をご提供できており、それらのサービス一つ一つがやがて満足度や入居率へと繋がっていきます

ほかにもシェアハウスならではの魅力は多く、たとえば玄関口で荷物を受け取る際にも1Rとは違って部屋のなかまで配達業者のかたに見られることがありませんし、複数人が入居しているため防犯面での安心感もあります。20代~30代前半の女性を中心に人気があるのも、このような理由があるからでしょう。ミライトハウスでご紹介している無料セミナーではシェアハウスのモデルルーム見学を行っているものもあるので、シェアハウス投資にご興味のあるかたはお気軽にお問合せください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ