若者の節約志向

30代40代での資産形成期をどう過ごすのか

30~40代のあいだに資産形成をする

30~40歳までの層を「資産形成層」といいます。20代では収入も少なく不安定な時期を過ごしますが、30歳からは仕事でも責任あるポジションにつく人も増え、収入面での余裕が生まれます。

年金問題や定年後の再就職の難しさを考えれば、この資産形成期にどれだけの蓄えを作れるかによって、その後の人生が変わるといっても過言ではありません。

ただ30代では結婚や子どもの誕生、40代になると子どもの大学進学などで支出も増えます。会社での責任も重くなるので精神的、金銭的な余裕がないこともしばしば。資産形成期は20年もあると思っていると、気がついたときには50代間近になっているのに全く資産を築けなかったということにもなりかねません。始めるのは早いほうがいいのは当然のこと。できれば30代の早い段階で資産形成をスタートしましょう。

堅実的・自己抑制的な30代

30代の貯蓄

30代と40代は同じ資産形成世代とよばれていますが、価値観や育ってきた時代背景がまったく違います。

バブルが弾け、就職氷河期を経験している30代は堅実的な傾向にあり、持ち家よりも賃貸を選びムダな出費はしないという人が多いようです。ただ、節約するから資産がたまるかというとそうでもなく、派遣社員やアルバイトとして働かざるを得ない人などは低所得なまま資産形成期に突入しているため、スタート段階ですでに格差が大きく開いている状態です。

まずは定期預金だけでなく、少額でも始められる株式投資などから挑戦していきましょう。若いうちに投資のコツを掴むことは大切なことです。一昔前は資産形成の基本といえば給料をコツコツと銀行に預けるだけでしたが、金利が下がったいまは株式投資などを取り入れていく必要があります。20代でも株式を始めている人は決して珍しくありません。

ただ、株式やFXなどはインターネットから売買でき少額でも気軽に始められるのですが、逆オイルショックや中国経済の停滞などで株価や為替が乱高下しているため、利益を出すには十分な知識をつけ銘柄も慎重に見極めなければなりません。慣れるまでは5万や10万円などの少額で投資し、たとえ負けても生活に影響のない範囲で始めることをお勧めします。

また正社員として働き安定した給与収入がある人は、金融機関でローンを組み収益物件を買う「不動産投資」という方法もあります。

年収や勤続年数などの属性によって金利などは変わりますが、不動産投資では家賃収入をローンの返済に充てることができ、しかも毎月安定した収入が見込めます。長期ローンであっても30代から始めることで定年退職前にローンを返済できるというところも嬉しいポイント。老後は年金とあわせて家賃収入を得られ、もし大きな病気になったときも売却することである程度まとまったお金を作ることもできるでしょう。

ただし購入する物件は慎重に選ばなければなりません。よく「出口戦略」というのですが、いずれ売却するつもりなら人口減少が止まらない地方より、東京などの大都市圏を選ぶほうが価格下落のリスクは低いです。そのほかにもマンションの一室を購入する「区分所有」より、土地と建物が手に入る「一棟」の物件にするなど、ただ買うだけでなく将来をも考えた物件選びをしてください。

近視眼的・自己顕示的な40代

40代の資産形成

バブル期(1980年代後半~1990年代初頭)を少しでも経験したことがある40代は、近視眼的、自己顕示的といわれています。

高度成長期のうちに幼少期を過ごし、大学を出て社会にでるときにはバブル期となっていたため、いまの若年層と比べると就職にも困らず給与も安定していました。消費スタイルをみても持ち家や車の購入にも抵抗がないなど30代以下とは大きな違いがあります。

ただバブルが弾けてからの「失われた20年」で、業績悪化により給与収入が減ったひとも少なくないはず。40代ともなれば子どもの教育費や住宅ローンの支払いだけでなく、人によっては両親の介護費用といった支出が大きくなります。ライフイベントが多くなるぶん、支出も増えるので貯蓄したくとも出来ないという人も多いと思います。

しかし、40代は「人生の折り返し地点」にきていることを自覚しなければなりません。定年後も再雇用やアルバイトなどで働くとしても、高齢になればなるほど働くのは難しくなります。40代で元気に働けるうちにボーナスなどを活用しながら上手く投資をしていきたいもの。子どもの教育費や万が一のときに備えた貯蓄は残して資産運用を始めることをお勧めします。

もし初めて資産運用をするというかたはNISA(ニーサ)などを活用して株式投資を始めるところから挑戦してみてはいかがでしょうか。投資の仕組みやお金を動かすという意味もわかります。十分な知識を得たあとは不動産投資なども視野にいれ、セミナーなどに参加するのもいいでしょう。

「人生90年」と言われる時代。定年退職後の人生を少ない年金だけでは生活できないという人も沢山おられます。支出の多い30~40代のうちに貯蓄をするというのは難しい面もありますが、将来を見据えた資産形成を早い段階で進めていきましょう。

この記事の後によく読まれています

ページトップ