不動産投資のリスク

中古物件を買うまえに事故物件か見極めよう

事故物件は避けたほうが吉

事故物件とは、物件や周辺の環境(裏の杉林など)にて殺人や自殺、死亡事故などが起きた物件のことです。近隣に暴力団事務所や宗教施設があるケースでも「なんとなく気持ち悪いな」といった心理的な瑕疵(かし)があるので事故物件として扱われます。

事故物件は大変安く売りだされていることも多いのですが、一旦掴んでしまうと入居者集めに苦労することになりかねません。利回りが高かったので買ってみたものの「ここで、凄惨な殺人事件が起きた」とわかれば致命傷です。

中古物件を買うときは、かならず事故物件かどうか不動産会社に「瑕疵(かし)があったか」確認することを忘れないようにしてください。

airbnbでおきた事件

なかには「家賃が安いのなら全く気にならない」という人もたまにいますが、自殺や殺人などいわく付きの部屋にすすんで住みたいと思うひとは稀。どうしてもその建物しかないのなら話はべつですが、周辺に同じくらいの家賃で住める部屋があればそちらを選ぶのは当然の流れです。

たとえその部屋で事故が起きなかったとしても、同じマンションで起きたとなると、気味が悪いということで退去するひともいます。築年数も古くなっていると家賃を下げて募集しなければならず、大家さんにとっては迷惑以外の何ものでもありません。

事故物件の例「空き家から白骨死体」

両親から相続したものの、もう誰も住んでいない地方の空き家などで起きやすいのが、ホームレスが勝手に住み着いて亡くなってしまうという事故。

「まさかそんなことが」と思うかもしれませんが、実際に遠方の空き家は長年放置されているものも多く、誰かが無断で使っていたとしても気づきにくいものです。近ごろは“空き家ビジネス”が少しずつ注目を集めていますが、解体時に白骨死体が見つかるなど、売り主すら知らない間に事故物件になっていた話もあります。

シングル向けの賃貸だった場合は孤独死や熱中症での死亡といったリスクも高まります。とくに区分所有マンションだけしか持っていないと、事故が起きたあとになかなか次の入居者がはいらず、ローンの返済に頭を悩ませる日々となることも。

事故物件の見極めかた

そして自分が持っている物件が事故物件だったとしても売却はできますがが、殺人ともなると通常の売却価格より3~5割減額されることも覚悟しなければなりません。

売却時には事故物件であることを伝える義務があるので、黙秘することは不可能。せっかく良い立地にあったとしても、事故物件というだけで大きな赤字になってしまうかもしれないのです。

「そんなに安く買えるなら事故物件もありか?」と考えるかたもいますが、よほど入居者を集められる自信がないかぎりは手を出さないほうが無難。物件を選ぶときには、たとえ利回りが異常に高くて魅力的に思えたとしても一旦落ち着き、必ず事故物件かどうか確認するようにしてください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ