不動産の火災リスク

脱法シェアハウスに潜む火災や放火の危険とは?

火災や放火などのリスクにも備えよう

火災の原因で最も多いのは「放火」だと言われており、次いでタバコ、コンロ、放火の疑い、焚き火などが続いています。過去には滋賀県で中学生による連続放火事件が起こるなど、未成年者による事件もあるほど。近隣に空き家がある場合は放火犯の格好の的になるので、所有する物件にも火が燃え移るなどの被害にあう危険もあります。万が一のときにも補償を受けられるよう必ず火災保険に加入しておきましょう

火災や放火だけでなく、台風などの風災や地震など突発的に起こる災害によって受けた損害でも、火災保険で対応できることも多々あるのです。もし加入していない場合は多額の修繕費が発生しますし、ローンの返済が滞り不動産投資から撤退することになりかねません。かならず加入しておき、リスクヘッジを行ってください。

1.近隣の空き家が放火され、物件に燃え移った場合はどうなる?

脱法シェアハウスの火災リスクとは

近隣にある空き家が放火され、その火が自己所有の物件へと燃え移ってしまった場合はどうなるでしょうか。

実は失火責任法(失火法)というものがあり、空き家の所有者(失火者)も自己の建物を焼失するなど損害を受けているので、重過失がない限り損害賠償責任を追わせるのは酷であるとの考えから原則として火元から賠償を受けることはできないとされています。

重過失とは、たとえばコンロに火をかけたままその場を離れて火事になった、寝タバコで引火したなど、少しでも注意をしていれば防げるのに見過ごしてしまった場合のことです。

つまり放火は重過失にはあたらず、隣の空き家が放火されたことで損害を受けたとしても損害賠償を空き家の所有者に求めることはできません。それでも所有物件に入居者がいる場合は建物を復旧しなければならないのです。

1-1.入居者によって放火された場合は賠償請求できるか?

もしも入居者が放火した場合でも、大家さんが加入している火災保険で補償されます。加害者以外の入居者も加入している保険によって補償を受けられます。ただし「故意による火災」は重過失と同じように対象外となるので、放火をした入居者は加入している保険があったとしても保険金はおりません

1-2.入居者にも火災保険への加入を求めることが大切です

大家さんが所有する物件にかけた火災保険で補償されるのは大家さん自身の所有物(家財)ですから、入居者が所有している家財は補償の範囲外となります。そのため入居者にも火災保険に加入していただくことが大切です。

2.脱法シェアハウスの所有者は刑事罰が課せられる危険も

脱法ハウスでの大きなリスクこそが火災です。

2013年9月に国土交通省がシェアハウスは建築基準法の上では「寄宿舎」に該当すると通知しました。寄宿舎として認められない物件は「脱法ハウス」として問題視されており、防火対策や東京都の建築安全条例に違反しているものも多々あります。

具体的に挙げると、たとえば一部屋2平方メートル(約1畳)ほどの狭いスペースで区切られ、仕切り壁にはベニヤ板が用いられているので防火性が低く、もし火災が起きたとき甚大な被害となる恐れがあります。さらに各居室に窓がないものも多く救助活動が進まない点なども指摘されています。

下記をご覧ください。

川崎市川崎区の簡易宿泊所「吉田屋」と「よしの」で5月17日、死者10人を出す火災が発生した。

1泊約2000円の両宿泊所は木造3階建てにもかかわらず、建築基準法で定められた耐火構造ではなかった。いずれも1960年代初めに建設され、1部屋の広さは約3畳。2階から吹き抜けになっている3階の部屋は、違法に増築された疑いもある。まさに元祖「脱法ハウス」と言え、川崎市建築指導課は「吹き抜け構造が火の回りを早くし、多くの犠牲者を出した要因になった」としている。

※引用:毎日新聞「川崎の簡易宿泊所火災」

脱法ハウスにはスプリンクラーや火災報知機などがなく、壁もベニヤ板で仕切られているだけなど耐火性に大きな問題があるので、もし火災が発生した場合は死傷者が出るかもしれません。

たとえ火災保険に加入していても倉庫やレンタルスペースなどと称してシェアハウスを運営していたなど「脱法ハウス」であった場合、利用実態が契約に即していないので補償の範囲外となり、すべて自己責任になる恐れがあります。また脱法ハウスで火災や事件などが起きた場合、所有者は刑事罰を受けることもあるでしょう。

3.寄宿舎タイプのシェアハウスを作ろう

シェアハウス投資を始める際は建築基準法に則り、寄宿舎として認められる「合法シェアハウス」を購入しましょう

放火や火災は交通事故などと同じいつ起こるとも分からないリスクです。万が一のときに多額の賠償や修繕費などで破綻することがないよう、購入する物件には十分注意しなければなりません。シェアハウス投資を成功させるには脱法ハウスを避けることが大前提です

ミライトハウスがご紹介しているシェアハウスは合法のもののみなのでご安心ください。防火性の高い間仕切り壁や、各部屋に窓を設置するなど建築基準法に則った建築・運営を行っております。

このほか利回りや物件情報などさらに詳しい内容はセミナーや個別相談、資料請求等でお伝えしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ