マンションの共用部と専有部の違い

空室の多いビルをシェアハウスに転用!企業選びで失敗しないために最も大事なポイントとは?

シェアハウスへのリノベーションに注目が集まる理由とは

空室が多く収益性の落ちたビルなどをリノベーションし、シェアハウスとして転用することもできます。シェアハウス投資ではオフィスとして貸し出す場合と比べ、高い家賃収入が見込めることなどが注目されています。

このほか空き家、アパート、マンション(一棟、一戸どちらも)、事務所、旅館、ホテル、社宅なども転用できる場合がございますので、下記よりお気軽にお尋ねください。尚、対象エリアは東京、山手線の内側となっております。また、土地から探して新築する場合や、中古物件を購入してシェアハウス開業をご検討されているかたのご相談も承っております。

1.テナントビルを人気シェアハウスに転用できる!ビルならではのメリットとは?

空室の多いビルをシェアハウスに転用!企業選びで失敗しないために最も大事なポイントとは?

駅から少し離れていることで空室が多いテナントビルなどは、企業の入居が少なくても“住まい”としては高いニーズがあります。

構造面でも優れているところが多く、たとえば天井が高く作られていることから開放感がありますし、うまくスペースを区切り、入居者同士で交流できるような空間を作ることもできるでしょう。もともと商業用に建てられたビルは立地条件が良いことが多いため、住まいとして転用できれば人気物件になる可能性があるのです

そして近年人気が高まっている“コワーキングスペース”が利用できる物件など、様々な付加価値をつけやすいのもシェアハウスならでは

ターゲット層は幅広く、たとえば「在宅で仕事をしたい」と考えている方や個人起業家、アトリエが欲しいと思っている学生などの入居も期待できます。外国人入居者がいるシェアハウスならば、入居者同士での語学学習が開かれるなどで自然とコミュニケーションが生まれます。いつでも利用できるトレーニングルームがあれば、ヨガ教室などが開かれるかもしれませんね。

一般的なアパートやマンションでは実現しにくい「暮らし方」を提案できることから、空室リスクにも強いと言えます。

さらに“耐久性”は他の物件よりも抜きん出ているので、ここ数年で多発している地震によって建物の耐震性が気になる入居者層にも人気があります。木造とは違ってシロアリ被害もありません。

2.ビルは居住用として作られていないためリノベーションが必要になることも

空室の多いビルをシェアハウスに転用!企業選びで失敗しないために最も大事なポイントとは?

メリットの多いシェアハウス経営ですが、課題もあります。

もともと“居住用”として作られたものではないものをシェアハウスにするには、居住スペースづくりや水回りの見直しなどリノベーションが必要になるのです。

そこで難しいのが企業選び。シェアハウスは法令上では「寄宿舎」にあたるため高い専門性が求められるのですが、一体どの企業へ依頼すればよいのか判断に迷うかたが多いのです。もちろんリノベーション後の管理でも企業によって差があります。たとえば管理委託費は企業によって倍ほど変わることもあるのです。

最も難しく何よりも大切なポイントは、専門的知識と豊富なノウハウを持つ企業を見つけることです。私たちは安心してご利用いただける企業と、不動産を活用したいとお考えのユーザー様とをマッチングすることができます。査定やご相談など無料でご利用いただけるので、お気軽にご利用ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ