猫と住める賃貸住宅

不動産を買うなら「コンセプト×コミュニティ」賃貸

投資家なら知っておきたい「コンセプト賃貸」の魅力

人が部屋を探すとき、家賃や最寄り駅などだけでなく「こんな部屋に住みたい」や「ここにこんな家具を置きたい」などイメージをふくらませます。別に生活に必要なものではないけれど、ついつい豪華なエントランスホールやセンスの良いインテリアなどに目がいってしまった経験をしたひとは多いでしょう。

とはいってもデザイナーズマンションなどは家賃が高く、入居するとなると敷金礼金だけでも数十万円が必要。派遣やアルバイトとして働くひとが増えた今の時代には選ばれにくい賃貸になった感も否めません。沢山のかたに憧れられても、ただデザイン性に優れているだけの物件では空室を埋めることに苦労します。

ニーズを捉えた不動産投資

空室リスクを避けるため、デザイナーズ物件とはひと味違った“コンセプトのある賃貸”が登場しています。たとえば「サイクリングが好きなかた向け」や「猫と一緒に住める賃貸」、「シングルマザー限定」、「図書館のあるマンション」など、昔なら考えられなかったような賃貸が目を引きますね。

それぞれの物件がターゲットを絞ってピンポイントに訴求することで、万人受けはしなくとも募集すれば入居者がすぐに決まるようなニーズのある物件をつくれるということ。そして区分所有マンションのように競合が無数にある賃貸とは違い、ほかにはない競争力をもたせられるという魅力もあり、コンセプト賃貸は不動産投資を考えているひとから熱い視線を注がれています。

■アパート・マンション・UR ⇒ 万人に受け入れられる設計
■デザイナーズ物件 ⇒ 高所得者層向けの設計
■コンセプト賃貸 ⇒ 特定のターゲットに強く訴求できる設計

一概にはいえませんが大別するとこのようになります。日本全体で空き家問題が深刻化しているにも関わらずシェアハウスなどが高い入居率を維持しているのは、「ここに住みたい」と思ってもらえるようなコンセプトを持たせているからでしょう。

もちろんコンセプト設計を間違えると失敗するリスクが高くなるというデメリットがあるのも事実です。一般のかたがシェアハウス市場へ参入して簡単に成功するわけではありません。

企業が成功している理由は「どのようなターゲットにどう訴求するのか」など徹底的に調査・分析して独自のノウハウを保有しているからです。コンセプト賃貸への投資をお考えのかたは、それに強い企業へ相談されることをオススメします。戦略や強みに納得できなければ自分でコンセプトをつくり運営するのも手。まずはシェアハウス専門の企業が開催しているセミナーなどで情報を仕入れることが、不動産投資を失敗させないための秘訣です。

無料セミナー申込はこちら

コミュニティも求められている今の賃貸住宅

猫と住める賃貸住宅

賃貸住宅に求められているのはニーズのあるコンセプト設計だけではありません。いまは入居者同士で程よい交流ができるようなコミュニティのある賃貸への関心が高まりつつあります。

たとえば猫とすめる賃貸。どんなに愛情を注いでいても24時間365日一緒に過ごすことなど不可能ですよね。一人暮らしでは尚更、仕事を休めないときにケガや病気になったらどうしようと不安を抱えている飼い主さんは多いもの。

もし緊急のとき同じように猫が好きな住民のかたに預けられればどれほど助かることでしょう。ペットに限った話ではなく、シングルマザーとして働くひとも、急な残業や病気で子どもとの時間が取れないとき、ほかの入居者に助けを求められたなら一体どれほど良いでしょうか。

地域との交流がなくなりつつある今でもコミュニティへのニーズは確実にあります。問題なのは相手を知らないこと。何が好きでどんな方なのか、相手を全く知らないならコミュニティが消えるのも当たり前。

そこで「コンセプト×コミュニティ」のある賃貸の登場です。

コンセプトを明確にしているので、その賃貸住宅には趣味嗜好が似たひとが集まってきます。共有スペースで顔を合わせたときに挨拶をしたり、共通のイベントなどに参加したりするうちに自然と交流が生まれ、コミュニティが形成されていくもの。

子どものいる賃貸

シングルマザー限定の賃貸なら同じような環境にあり同じような悩みを抱えている人が多いので、「隣の子どもの声がうるさい」といったクレームもみられません。共通の話で盛り上がったり、悩みを相談したり、時には助け合いながらそれぞれが自分のリズムで生活できる。そのような賃貸住宅をつくることができれば満室経営も目指せます。実際にコンセプト賃貸のなかには空室待ちの物件も見られるほど多くのニーズを掴んでいるのです。

コンセプト×コミュニティ賃貸の強さ

シェアハウスはコンセプトとコミュニティの両方を兼ね備えています。

ユーザーは自分のライフスタイルにあった物件を選べ、住んでからは他の入居者との交流や、カギつきの個室でのプライベート時間など充実した時間を過ごせます。しかも家具家電付きなので初期費用を抑えたいというニーズにも合致しており、高い競争力を持っています。シェアハウス投資をすることでオーナーにとっても入居者にとっても良い関係を築けるでしょう。

シェアハウス投資のメリット

私たちはシェアハウスに特化している企業です。避難経路の確保や採光についての規制など国が定める規制に準拠した物件を紹介しており、数年前に話題になった“違法貸しルーム”の心配もありません。ノウハウに基づいたコンセプト設計はもちろん、日本の風土も考えられたシロアリや地震への対策もおこなっており、建物の管理運営まですべて代行するなど、遠方のかたや本業のあるかたにも無理なく投資いただけます。

不動産投資をするなら「コンセプト×コミュニティ」のある賃貸住宅。その第一歩として無料セミナーや個別相談をご活用ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ