病気やケガで働けなくなるリスク

医師だから始めやすい!時間をかけずに節税する方法がある

医師税金を下げて収入を上げるために

医師のかたは収入が高いため税金も高くなりますから節税方法を知ることはとても大切です。方法を知っているのと知らないのとでは10年後20年後に大きな差が開きます。

人口減少が進めば、増税されることもあるでしょう。日本では低所得者層への負担は軽く、一定以上の収入を得ているかたの負担は増える「累進課税」となっていますから、医師のかたのように収入が高いかたは節税方法について知ることはとても大切です。

1.考えられる節税方法は4つ

まず考えられる節税方法は下記のものです。

  • 不動産投資を始める
  • 資産管理会社を設立する
  • 開業する
  • ふるさと納税や特定支出控除など「所得税控除」を活用する

これらは既に書籍などでもノウハウが公開されており、実施されているかたは少なくありません。複数を組み合わせることで効果も高まりますが、忙しい日々を送る医師のかたには「不動産投資」がオススメです

2.知らない人も多い!アルバイトなど長時間労働が多い医師の世界

医師にオススメな節税方法

年収だけを見れば高収入に思えますが、その裏にはアルバイトなどで年間2,000時間を超える長時間労働をされていることや、時給に換算すると6,000円に届かないことなどはあまり知られていません。それどころか交際費のように出ていくお金が多いので、実際の生活は質素というかたも少なくないでしょう。

それでも年収が高いので税金は高いまま。いつまでも手元のお金は増えません。

医師には定年がないので気力と体力がある限りは働き続けられると言われることもあります。たしかにこれは一般的なサラリーマンにはないとても大きな魅力ですが、年齢を重ねても若いころと同じように働き続けることは難しいでしょう。

「もう少し効率的に、楽に稼ぐことはできないのか?」
「身体を休める時間がもう少し欲しい」

このようにお考えのかたにこそ、不動産投資がオススメです。豊かな人生のためにはお金も時間も欠かせません。

3.不動産投資で節税!家族と過ごす時間も増える

不動産投資の魅力は、ご自身の代わりに不動産が24時間365日休むことなく働き、家賃収入を生み出し続けるということ。そしてローン金利や減価償却費などを経費に計上できるので節税効果があることなどが挙げられます。

  • 不動産がお金を稼ぐ
  • 20年30年などロングリターンを得られる
  • お子さまへ残す資産として

開業をお考えのかたには、毎月安定した家賃収入が得られるためリスクヘッジを行っていただけますし、将来的にマイホームとして利用することや、お子さまへ資産を残すことも可能なのです。

3-1.株式投資やFX投資にはない魅力も多い

医師だから始めやすい!時間をかけずに節税する方法がある

たとえば株式投資やFXなどは情報分析や取引などで相当な時間を割かねばなりません。小規模からでも始められますが、スイスフランショックが発生したときのように数分で多額の損失がでることもあり、値動きが気になって本業に影響がでるかたもおられます。忙しい毎日のなかで無理に投資をしてもストレスが溜まることでしょう。

その点、不動産投資は忙しいかたにこそオススメの方法です。

建物の清掃やクレーム対応などを不動産会社に委託できるため、物件を探すのに多少時間は必要ですが、購入後は不労所得を得ていただけます。これまで副業に充てていた時間が自由に使えるようになるので、ご家族と過ごす時間を増やしたり、語学など新たな学びのために使うかたもおられます。

日本人の多くは時間を犠牲にしお金を稼ぐ方法しか知らないともいえます。しかし不動産投資では時間をかけずにお金を稼ぐことが可能なのです。

オススメな不動産はどれほどの収入を目標にされるのか等によって変わります。しかし一般的なサラリーマン大家さんと比べ、医師のかたは金融機関から高く評価されるため、ワンルームマンションのように小規模なものから一棟物件のように効率よく資産を築く方法まで多くの選択肢が広がっています。

マンション、アパート、シェアハウスなどから太陽光発電まであるので迷われるかたも多いかと思いますので、まずはお気軽にお話をお聞かせください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ