敷金のトラブル

水回りを集約できるシェアハウスならではの魅力

水回りは劣化が早いスペースです

キッチンやトイレ、バスルームなどの水回りはほかの設備とくらべて劣化が早いもの。ほぼ毎日使うため高湿度に一年中さらされ、どうしてもカビやシミが出やすくなります。

水回りをリフォームするタイミングは劣化の進み具合にもよりますが約15~20年ほど。このくらいで土台や下地材が腐食していることもあるため、入居者が退去したタイミングを見計らってリフォームするか決めなければなりません。

水回りのリフォーム

設備を一式入れ替えるとなると費用もかなり掛かってしまうため、大家さんにとっては頭のいたい話。しかしリフォームせず腐食がすすんでしまうと補修費用がかさみます。なにより古い設備のままでは入居者を思うように集められません。ある程度のコストを投入してでも家賃収入が得られるのであれば行ったほうがいい場合もあるでしょう。

ただ、これは一般的なアパートやマンションでの話。シェアハウスならこの悩みがほとんどありません。

水回りを共同で使うため劣化しやすい部分を集約できる

アパートやマンションとは違い、シェアハウスではキッチンやトイレなどを入居者が共同で使用します。つまり劣化の早い設備を一箇所に集約することが可能。新築時はもちろん、リフォームやリノベーションをすることになったときにも手間やコストを大幅に下げることができるのです。

しかも本来なら水回りに使うはずだったスペースを住居用スペースにできるため、高い利回りを狙えるところも魅力的。よく海外などでバックパッカーが使うような相部屋タイプの部屋ではなく完全個室にしても、間取りなどを工夫することで家賃収入UPを目指せます。もちろん一時期TVなどで問題視されていた“脱法シェアハウス”などではなく100%合法で運営できる建築法での話。利回りについては下記もご覧ください。

シェアハウスの利回り比較

空室の原因にも!?3点ユニットバス物件の人気は低い

3点ユニットバス

お風呂などは“3点ユニットバス”にすればアパートやマンションでも利回りUPをねらえるのではと考える人もいますが、これはニーズが少ないのでやめておくほうが得策です。

ビジネスホテルなどでよくみるトイレ、お風呂、洗面所が一緒のスペースにある“3点ユニットバス”は一昔前に人気があった時期もありましたが、いまでは入居者に敬遠されがちになっています。とくに女性は嫌がるひとが多いので入居者を集めるのに苦労するかもしれません。

中古物件を購入するときに3点ユニットバスだったときは注意が必要。もしバスとトイレを分離したいとなったときは大規模な工事になるため、場合によっては数百万円のコストが発生することもあります。壁紙の張替えのように簡単にはいかないのが水回りの難しいところ。いざ施工するとなったときは家賃収入の何ヶ月分で回収できるかなど“費用対効果”を考えながら行いましょう。

ただシェアハウスではそもそも3点ユニットバスを入れる必要がありません。トイレは個室、シャワールームと洗面所も別々。なにより風呂釜をおかず、シャワールームをメインにした物件は工事費用を抑えられるだけでなく管理の負担も少なくすることができます。

また私たちが扱っている女性専用物件では、風呂釜があると入浴時間などでトラブルが起こることも考えられるため、入居者の方々にできるかぎり快適に過ごしていただけるような工夫を施している点にもご注目ください。

このほか、セミナーや個別相談などではシェアハウス投資の魅力について無料でご説明しております。もしお時間の都合上セミナー参加が難しいというかたでも、個別相談も開いておりますのでお気軽にご相談ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ