一括借り上げのメリット

不動産投資のメリットとは

「家賃」という安定した収入の確保

不動産投資にはいくつものメリットがあります。まず一番最初に考えられるのが「毎月安定した家賃収入を得られる」ということ。

不動産投資のメリット

自分が働くのではなく、マンションやシェアハウスなど保有している物件に稼いでもらい収入を得る。まるで印税を受け取っているかのように“時間を使わず得られる収入”は金銭的にも精神的にも魅力的です。

ちなみに「時間を使わない」といいましたが、これは管理会社とサブリース契約を結ぶことで、集金や建物の清掃、入居者募集などの作業を任せることができるようになります。

サブリースについてはコチラ

手数料を支払うことで貴重な時間を節約でき、オーナーは何もせず毎月安定した家賃収入を得られるという仕組み。近年では「サラリーマン大家さん」という言葉も登場するほど、不動産投資は一般的になりました。

私的年金のかわりとして

いまの日本経済は長引く不況の影響から“年金受給年齢引き上げ”や“年金減額”などが行われており、老後の生活を支える貴重な資金にも不安が広がっています。

超高齢社会へと突入した日本という国を維持・発展させるためには必要なことかもしれませんが、中流以上の生活を送ろうと思えば、働けるうちに将来に向けてしっかりと資産形成をしていかなければなりません。

冒頭でも紹介したように毎月安定した家賃収入を得られる不動産投資は、老後の私的年金としても選ばれているのです。

万が一のとき生命保険のかわりに

不動産を購入するとき、ほとんどの方がローンを利用するかと思いますが、これには「団体信用生命保険(団信)」に加入することが義務付けられています。

団体信用生命保険の仕組み

これに加入していることで、ローン返済中に高度障害や死亡という事態になったときはローン残債を団信が全額支払うため、残された家族の生活を家賃収入で支えることができるというもの。

なかには不動産購入とともに加入していた保険の見直しをされるかたもおられます。

相続税などの節税効果

建物の減価償却費や固定資産税、都市計画税やローン金利など、不動産投資でかかる必要経費を使って節税対策も可能です。

また、財産を相続する際、現金や有価証券などは時価に対して課税されますが、購入した投資用不動産は路線価で評価されるという違いがあります。路線価は実税価格の70~80%ほどで評価されるため、現金で相続する場合にくらべて相続税を抑えることができるのです。

相続税の違い

1億円の現金と、1億円の投資用不動産とを相続する場合ではなんと7,800万円もの差があり、相続税対策として不動産投資が活用できることが分かります。事実、2015年1月1日より相続税の基礎控除額が縮小され、増税されたこともあり、相続税対策として不動産を購入するかたも増えているようです。

このように様々なメリットのある不動産投資ですが、「地主や会社経営者が行うもの」と思われているかたも多いのが実情。しかし、じつは金融機関からの評価が高いのは「サラリーマン」です。なぜそれほどまでに会社員は有利なのか、その秘密はコチラ!

サラリーマン大家さんが多い理由

この記事の後によく読まれています

ページトップ