民泊

東京での一人暮らし、生活費と初期費用はいくら必要?

地方から東京へ!毎月の生活費はいくらかかる?

学業のためや仕事のためなど、さまざまな理由から東京へと引っ越しを考える人は多く、平成27年には46万人ほどが他都道府県から転入しているそうです。

「いつか自分も東京に住んでみたい」そう考えている人は多いことでしょう。そこで今回は一人暮らしで毎月どれくらいのお金がかかるのかを調査してみました。これから実家を出て一人暮らしを考えている人はもちろん、単身者向け賃貸物件をお持ちの大家さんもチェックしてみてください。

一月の生活費は約11~17万円が目安

一人暮らしの生活費

一人暮らしで最低限必要なお金は地方か東京かでも変わってきますが、だいたい11~17万円が目安でしょう。家賃によって必要な金額かかなり変わってくるので、これだけの差が開いています。11~17万円というのは、社会人や学生など収入に開きがあってもそれほど差がありません。

項目一ヶ月にかかる平均額
家賃(共益費・管理費含む)6万3,000円
電気・ガス・水道費1万1,000円
通信費(電話・インターネット料金)9,000円
食費(交際費は除く)2万7,000円
合計11万円

※引用:SUUMO

一人暮らしとなると家賃はもちろん、ほかにも水道光熱費や食費などの支出もあります。節約のために自炊するとはいっても、ある程度の量をまとめてつくり冷凍するなど工夫しなければ、自炊は食材を腐らせてしまったりガス代が高くなったりで外食より高くなることも珍しくありません。

初めての一人暮らしでは生活費がどれくらいになるか予想しづらいものですが、「自分は節約するから10万円あれば大丈夫だろう」などと考えて見積もりを甘くしていると、実際に生活をスタートしてからの我慢が増え、ストレスが溜まってしまうかもしれません。ある程度は余裕をもったプランを立てるとよいでしょう。

一人暮らしでの支出は「家賃」が最も大きい

上記の金額例でも分かるとおり一人暮らしの支出で最も大きなものは家賃です。家賃は地域などでかなり金額が変わってくる項目。たとえば東京都内でワンルーム、トイレ風呂別、キッチンにIHコンロがついている物件は家賃7万円前後ですが、地方であれば3万円台の物件もあります。

築年数などにこだわらなければ更に安い賃貸を見つけることもできると思いますが、治安などを考えると土地勘がない間は家賃だけで物件を探すのは危険かもしれません。まずはセキュリティなどの設備で部屋を探すなど、安心して生活できるところを探すようにしましょう。

引っ越し代などの初期費用も考えよう

一人暮らしの初期費用

さきほどの11~17万円というのは、生活をスタートさせたときの毎月の出費です。これから引っ越しをする、部屋探しをするという人は初期費用として別途30~40万円が必要になるケースもあります。

最近では敷金礼金ゼロの物件も増えてきていますが、それでも仲介手数料や前家賃、カギ交換、室内清掃だけでなく、家具家電を買い揃えるのにもある程度まとまったお金が必要です。

収入の面でも、上京する前に仕事が決まっている人は少なく、引っ越してから仕事を探すケースが多いとのこと。急いで探すとブラックバイトなどで働くことにもなりかねませんから、引っ越すまえに数ヶ月分の生活費を貯めておき、少し余裕をもって仕事探しができるような環境を整えておくことも大切でしょう。

最初に用意する生活費の目安

一月の生活費を11万円として、引っ越してから3ヶ月は生活できるとすると33万円ほどが必要になる計算です。ただ、交通費や交際費、突然の出費などを考えると最低でも40万円はあったほうがいいかもしれませんね。

つまり東京での一人暮らしを始めようと思えば、初期費用の40万円と生活費の40万円でおよそ80万円のお金を貯める必要があるということ。

初期費用は家賃だけ、家具家電付きのシェアハウス需要増

80万円というのは大金です。とくに学生には負担が大きいもの。東京へ引っ越して働きたいという希望はあってもこの負担が足かせとなり、なかなか一歩を踏み出せないでいる人はかなりの数いると思います。

ただ、いまはシェアハウスという選択肢もあるので、昔にくらべると上京への壁はそれほど高くありません。たとえば私たちがご提案しているシェアハウスは一人ひとりにカギ付きの個室があり、家具家電つきはもちろん水道光熱費も含まれています。

気になる初期費用も家賃だけなので、最初の出費を最低限に押さえ、カバンひとつで入居することができるのです。そのほかにもセキュリティ会社との契約や、スタッフによる共用部の清掃サポート、自転車の無料貸し出しなどもあり、都会での一人暮らしを多方面から支えます。是非、アパートやマンションを借りる場合と比べてみてください。

シェアハウスには20代~30代の入居者が集まり、共同生活を送っています。個室になっているのでプライベートも守られ、困ったときには相談したり、相談にのったりと同じような年齢層だからこそ共感できる部分もあるでしょう。

シェアハウスの需要が高まっている

初めての一人暮らしは不安も多いもの。近年、シェアハウスの需要が高まっているのには費用や人との繋がりが持てるなど、様々な理由があってのことです。

シェアハウスといっても「女性限定」や「男性限定」、「シングルマザー限定」などコンセプトは多種多様。このようにターゲットを絞ることで高い入居率を狙うことができるのです。コンセプト賃貸は不動産投資の新しい可能性を広げます。

たとえば築古物件。多くの場合、入居づけのため、建物の劣化とともに家賃を下げるなどで対応することが多いと思います。しかしシェアハウスは付加価値でも勝負できる賃貸です。コンセプトがニーズに合致していれば、建物の古ささえも魅力にかえることができます。詳しくは下記記事をご覧ください。

※参考:「築古でも入居付けしやすい」のがシェアハウスの魅力

この記事の後によく読まれています

ページトップ