団体信用生命保険(団信)の注意点とメリット

団体信用生命保険(団信)について

不動産を買うとき多くのかたが金融機関でローンを組みますが、そのとき団体信用生命保険(団信)に加入することが条件になっていることが殆どだと思います。

団信にはいることで、ローン返済期間中に交通事故にあい重度障害や死亡となった場合、支払者に代わって残ったローンを団信が一括で返済してくれるので加入しない手はありません。

団体信用生命保険について

障害で働けなくなったとしても、物件が家賃収入を生みだし続けてくれるため安心して生活できます。生命保険のように死亡一時金などはありませんが、継続してお金が入ってくるというのは何より心強いもの。万が一、家族を残してなくなったとしてもローンのない不動産を残せるところも魅力的。

このことから不動産投資をきっかけに生命保険を見直すかたもおられます。金融機関にとってもローン返済を確実にするため加入を必須にしていることが殆ど。借り主も自己防衛策として使えるため団信はメリットの大きな保険といえるでしょう。

とはいっても初めての不動産投資であれば、自己資金の何倍もの物件を買うことに不安を感じるかたもいます。しかし、ようやく時代がかわり一般的な会社員でもローンを利用できるようになった今、このチャンスを活かせるかどうかは投資家の心次第。自己資金が少なくてもローンを使って大きな資産をつくれる投資方法は他にありません。

しかも事前に知識をつければ自分でリスクコントロールできる点がこの投資方法のいいところ。

たとえば安いからというだけで人口流出が止まらず空室が目立つ“地方の中古物件”や、競合が無数にある“区分所有マンション”などを買ってしまうと失敗するリスクは高まります。ただ「コンセプト×コミュニティ賃貸」のような需要があるものを買うことで、リスクをコントロールできるのです。

団信の保険料は高いのか?

大きなメリットのある団信ですが、なんと保険料は生命保険にくらべて安く設定されており、年齢によって保険金額が変わることもありません。だいたいは金利に保険料が含まれているのも嬉しいポイントです。

区分では生命保険の代わりにならない

生命保険の代用

不動産投資は生命保険の代わりになるというのは、あくまでも一棟をかった場合や複数所有しているケースに限ります。

たとえば家賃5万円の区分所有マンションを一つ購入しただけでは、ローン返済がなくなったとしても家賃収入は5万円。ここから修繕費や税金を支払うことを考えると、お小遣い程度の収入しか残りません。生命保険の代わりとするなら、ある程度まとまった収入が見込める一棟の物件を狙ったほうがいいでしょう。

一棟を買うにしても鉄筋コンクリート(RC造)マンションは相続税の控除額を超えてしまうことが多いので注意が必要。また中古物件はローンを組みづらいことや、設備が老朽化していて修繕費がかかるため、投資するなら新築か築浅がオススメです。

まとめると木造の新築一棟物件で「コンセプト×コミュニティ賃貸」への投資が良いということ。

また家賃滞納者やクレームなどの対応、清掃管理といったものに時間を割けないかたは、管理をすべて請け負ってくれる企業を探すことも忘れてはなりません。私たちは新築一棟のシェアハウスをご紹介し、尚且つ建物をオーナー様から一括で借り上げることで管理の全てを代行可能。空室がでても家賃は管理会社によって支払われるなど、安心してお任せいただけます。

この記事の後によく読まれています

ページトップ