デトロイト不動産詐欺とは

なぜ海外の不動産投資が危険なのか?本当にあった詐欺の話

デトロイト詐欺にみる海外不動産の怖さとは

日本国内の不動産価格高騰などによって海外へと目を向けるかたもおられますが、詐欺やトラブルに巻き込まれる危険が国内より高くなるので十分注意してください。

たとえばデトロイトの不動産を購入したものの、管理が一切されないばかりかバスタブやトイレがないなどの日本ではありえない問題が次から次へと発覚し、最終的に数千万円もの損切りをすることもあります。

詳しく見ていきましょう。

1.知らずに購入して大損!差し押さえを待つしかない人も

デトロイト不動産詐欺とは

「デトロイト不動産詐欺」というものをご存知でしょうか。

これは日本人投資家向けに海外不動産を紹介していたR社(代表:日本人)を通して米国のミシガン州デトロイトに収益物件を購入したものの購入後に詐欺だと分かったという実話です。数十名のかたが被害に遭われ裁判が起こされました。

経験のある投資家さえも「まさか同じ日本人から騙されるはずがないだろう」という思い込みから騙されてしまったかたもおられます。リフォームなどで立て直しすることを諦めて損切り(売却)したかたや、売却しようにも名義変更がされていなかったために手放せず、現地で差し押さえを待つというかたもおられるとのこと。デトロイト不動産詐欺はまさに海外投資のリスクを物語るものの一つでしょう。

1-1.ギャングの巣窟!治安は米国でも最悪のエリアだった

ギャングの巣窟!治安は米国でも最悪のエリアだった

デトロイト詐欺では20%を超える高利回り非常に高い節税効果を得られること、さらには「人口流出が深刻化していたが、いまは人が戻りつつあるから買うなら今!」などとPRされていたようです。

しかし実際には治安も最悪のエリアですから、人が戻るということはあまり考えにくいでしょう。かつては米国の最大手自動車メーカーだったゼネラル・モーターズ(GM)が本社を置いていましたが、リーマンショック後の2009年に経営破綻したあと深刻な人口流出が起こっています。さらにデトロイト市の税収は急速に落ち込み2013年に財政破綻。米国自治体の破産としては過去最大規模ということで話題になりました。

当然ですがこうなると人口流出だけでなく治安も急速に悪化してしまい今では米国で一二を争う犯罪率です。ギャングの巣窟ですから日常的に殺人や略奪などが多発しており、観光や留学でも「危険だから行くのはやめよう」とさえ言われる始末。このようなエリアに不動産を購入することがどれほど危険か言うまでもありません。

[デトロイト]
 ア FBIが発表した2013年の犯罪統計によれば,デトロイト市の凶悪犯罪(殺人,強盗,強姦等)発生件数は1万4,504件で,昨年の1万5千件強を下回るも,引き続き全米で最も犯罪発生率の高い都市の一つとなっています。米国の他の都市と同様,地域によって治安情勢に違いがあり,必ずしもデトロイト市全域が危険な場所ではありませんが,再開発の進んでいない市の一部に放置された家屋や廃墟が犯罪の温床となっており,昼夜を問わずこれらの地域には絶対に近づかないよう留意する必要があります。

 イ 加えて,2013年7月,デトロイト市は,財政破綻の申し立てを行い,市の行政は厳しい財政に陥っており,警察も例外ではありません。デトロイト市警は恒常的な資金不足,人員不足に悩まされており,組織内の改革は進んでいるも,市民に対して十分なサービスを提供しているとは言えません

※引用:外務省 海外安全ホームページ

自治体が財政破綻したことで警察も十分なサービスが提供できていないとのことです。デトロイト市郊外には比較的安全なエリアもあるようですが、それでも十分注意するよう外務省も警告しています。

2.成功する可能性もあるが失敗すると取り返しのつかないことも

海外不動産の危険性

海外での不動産投資は賃貸需要や治安などが見えづらく、現地確認さえも難しくなります。また日本ならば管理会社のサービスの質は高いですが、海外に同じレベルを期待することはできません。

たとえ詐欺に合わなかったとしても日本国内で行なうより遥かに難しく、様々な問題を自身で解決していけるだけのノウハウや知識が必要になります

すでに海外の不動産投資は詐欺にあう危険が高いことは多くのかたがご存知ですが、利回りの高さなどを考えると心が揺れてしまうのも仕方ないでしょう。

ただ数千万円から億のお金が動くわけですから、一度失敗すると立て直すことはかなり難しくなります。よほど資金に余裕があるかたでなければ海外投資は避けるべきですし、まずはリスクが低い国内の不動産を購入してキャッシュ・フローを厚くし、十分な現金が出来てから海外不動産というようにリスクコントロールすることが大切ではないでしょうか。

この記事の後によく読まれています

ページトップ