RC造のメリット

不動産投資でよく聞く「レバレッジ」の意味

自己資金よりも大きなお金を動かせること

不動産投資のレバレッジとは

レバレッジとは“テコの原理”のように自己資金以上の金額を動かせる仕組みのこと。

不動産投資でいえば5千万円の物件をかうために頭金を100万円いれて、足りないぶんは金融機関から借りて購入することですね。住宅を買うときに住宅ローンを利用するのと同じです。このように不動産投資はレバレッジをきかせて投資物件をかえるので、自己資金が少なくても資産を増やせるところが魅力のひとつ。

株式投資などはレバレッジという仕組み自体がないので、100万円の元手ならきっちり100万円の範囲内での運用となってしまいます。当然、受け取れる利益もそれなりの金額になるので、投資にまわせる金額がおおいひとが圧倒的に有利。ただ、不動産投資なら元手の大小はそれほど関係がなく、100万円の少額からでもやり方を間違えなければ高い利益を出すことができます。

ローン返済を家賃収入からできるのも魅力

数千万円もの融資をうけることに不安があるひとも多いでしょう。もともと日本人は借り入れを非常に嫌がる傾向にあるので、仕方のない部分もあります。

ただ、不動産投資での「借り入れ=悪」とは全く違う性質をもっています。現に住宅をかうためにローンを組むことは、ごくごく一般的に行われていますよね。ギャンブルなどの娯楽のために作る借り入れと、資産を築くための借り入れとでは意味が違うのも当然です。

たとえば同じ5千万円の建物でも自宅として買ったものなら完全に自己資金から返さなければなりません。しかし不動産投資なら家賃収入をえられるため、ローンも家賃収入から返済可能。ローンを返済し終わったあとは残債のない土地と建物が手にはいるのも魅力です。

もちろん投資物件ならどのような建物でもいい、というわけではありません。

人口が増加している東京であってもアパートやマンションは空室が目立ち始めているので、「入居者が集まりやすい物件とはなにか?」を理解してから始めなければ失敗するリスクが高まります。人口減少に悩んでいる地方エリアならなおさらのこと。

なぜシェアハウスは入居者が集まりやすいのか」でも記載しているとおり、空室が増えるいまの時代でもニーズのある建物とはなにか、どんな人をターゲットにするべきか、など考えるべきことは沢山あるのです。

いまと昔では入居者のニーズは大きく変わってきています。給与所得は増えず、正社員として働きたくても働けない。税金はあがり、円安で物価は急上昇。そんな時代だからこそ私たちはシェアハウスにたどりつきました。無料セミナーでは更に詳しい情報もあますところなく公開しています。

この記事の後によく読まれています

ページトップ