海外への不動産投資で本当にあった失敗談

海外への不動産投資で本当にあった失敗談

バブル崩壊で失敗した日本人投資家も!

マレーシア、フィリピン、タイなどの東南アジアへの不動産投資が人気を集めています。それはかつて高度経済成長を迎えたときの日本と状況が似ているため不動産価格の上昇が期待できるからなのですが、ハイリスクになるということまで知っておかなければ危険です。

海外の不動産投資は日本のバブル期の方法と似ています。今でこそ日本では家賃収入(インカムゲイン)を得ながら安定した収入をえる方法へと変わっており、ローリスクな投資方法とまでいわれるようになっています。しかし海外の不動産投資では経済成長や人口増加などで不動産価格などが上がることを期待し、安いうちに購入して売却益(キャピタルゲイン)を得る方法が取られる傾向にあるようです。

もちろん全ての海外投資が危険というわけではありません。しかしなかには日本のバブル期のように短期で売却してハイリターンを狙うものもあり、失敗すると数千万円~億という巨額の借金を背負ってしまう危険があるので十分に注意したほうがよいでしょう。ましてや日本国内とは違い、その国の経済情勢や治安、家賃相場、ニーズのあるエリアといった大切な情報が入手しづらいのです。

不動産市場が発達していない国もまだまだ多く、購入したものの建築途中で工事がストップしてしまい入居者募集をすることもできないまま税金の支払いやローン返済をし続けることになるケースもあるようです。下の記事では実際に日本でおきた海外不動産投資の詐欺事件をご紹介していますのでご一読ください。

※参考:なぜ海外の不動産投資が危険なのか?本当にあった詐欺の話

海外の収益物件を購入して失敗したのは何故か?

バブル崩壊

東南アジア諸国は日本とくらべてまだまだ未成熟。だからこそ大きなリターンを狙えるのですがリスクもかなり高くなります

  • 未完成の物件を買ったが、完成しない
  • マンション過剰供給で、入居者が集まらない
  • 現地の業者に騙されてかなり安く売ってしまった
  • 業者がしっかりサポートしてくれない or 倒産した
  • 事前の説明どおりの利回りが入ってこない など

たしかに新興国は人口が増加しておりニーズも増えていますが、マンションをたてれば確実に利益が手に入るというわけではありません。たとえば未完成物件を買ったなら完成するまで家賃収入はゼロ。そのあいだも税金などでお金はでていくので、完成して運用するまで耐えられるだけの見込みがなければ手を出すのは危険といえるでしょう。

また一部の国や地域では供給と需要のバランスが崩れており、現地の方々の収入では到底すめないような高層マンションが立ち並んでいることもあります。現地のかたの給与レベルではとても借りることができなければ入居者募集のため家賃を下げることになり、ローンの返済などができずに破綻する危険もでてきます。外国人をターゲットとしているとしても、周辺の競合物件の数が多ければ空室リスクは高くなるでしょう。

もちろん海外不動産投資で成功されているかたも多いかと思いますが、そのためには現地調査をしっかりと行い、家賃の滞納や清掃などの管理を安心して任せられる管理会社があるかどうかなど注意してチェックしなければならない点が多くあります。

国内投資と海外投資ならどちらが良いのか?

国内投資と海外投資

インターネットで簡単に検索しただけでも、海外不動産投資での失敗例や詐欺にあったかたのお話などが数多く表示されることを考えると、初めて不動産投資をするかたや老後の生活費のためにリスクを抑えた資産運用を希望されるかたは、海外よりも国内、それも東京23区などの人口が増加しているエリアで物件を探すことをオススメします。

リスクを無視しハイリターンばかりを狙ってしまっては、それは投資ではなくギャンブルになります。まずは情報を集め、リスクとリターンを考えながらどのような投資をするべきか判断することが大切です。

この記事の後によく読まれています

ページトップ