不動産投資の失敗

初めての不動産投資で融資を受けるためのポイント

金融機関への融資相談にはコツがある

不動産投資では多くのかたが融資をひいて購入しています。そのため金融機関から融資を引けるかどうかで、その物件を購入できるかどうかが決まるのです。

また、優良物件ならば購入希望者が複数人いることも多いので融資はスピードも大切です。たとえ買い付けの申込みを1番最初に行ったとしても、融資の審査に時間がかかれば、先に審査がおりた2番手のかたが購入していくということも珍しくありません。どれほどいい物件をみつけられたとしても購入できないのでは意味がありませんから、審査がスムーズに進む金融機関を選ぶなど対策が必要です。

今回は「融資を断られる恐れのある人の特徴」についてご紹介したいと思います。

1.融資を断られる人には特徴がある

不動産投資で融資を断られる人の特徴

マイナス金利が導入されたことによって不動産投資へのハードルが下がったのは確かです。しかしどのようなかたでも融資を受けられるかというと、そうではありません。金融機関は「お金を貸してちゃんと返してくれる人か」という点で審査しているわけですから、この人は信用できないとなれば融資を断られます。

これは年収や資産の総額、家族構成といった情報だけではありません。もっと基本的なところまでもが判断材料になります。

1-1.時間や約束を守れるかどうか

たとえば時間を守れるかや、窓口に訪れるまえにアポイントメントをいれているかなどが挙げられます。

場合によっては億単位の融資となるわけですから、金融機関は融資をする相手か信頼できるかどうかを厳しく見定めようとします。これは自身がお金を貸す側になって考えると想像しやすいかもしれませんね。約束事を守れない人にお金を貸したいと思う人は少ないはずです。これと同じで金融機関も、その人の年収や勤続年数といった“属性”だけでなく“人間性”までもチェックしているというわけです。

そのため「数撃ちゃ当たる」と言わんばかりに、いくつもの金融機関にアポイントなしで突然訪れ「この物件を購入したいので融資をしてほしい」と相談するのは危険です。恐らくそのような方法を続けていても、融資を断られることが多いのではないでしょうか。もし金融機関からの印象が悪くなれば、いつか別の物件で融資相談をした際にも、悪影響があるかもしれません。このような点までチェックされていることを知っておけば、自然とどのように行動するべきかが見えてくるでしょう。

1-2.地域によって融資付けが難しいこともある

地方の不動産投資の融資付け

地方などは金融機関の数が少ない場所もあります。これは不動産投資ではとても悩ましい問題です。

たとえば今は融資が降りたとしても、10年後20年後も同じように融資を受けられるとは限りません。売却を検討したとき、もしその金融機関の方針が変わって融資を受けられなくなれば、買い手を見つけるのにも苦労することになるでしょう。首都圏のように金融機関が多いと可能性もありますが、地方では選択肢が少ないので売却しようにも売れないという事態に陥るリスクがあるのです。これからは一部の地域を除いて地方を中心に人口の減少が進むと言われています。これから先の運営までを考えると、地方物件を購入する際には築年数や立地などをしっかりと検討しなければなりません。

私たちがご提案している物件は、賃貸需要のある東京23区内に限定しております。今後の空室リスクなどを考えると、やはり首都圏の物件を中心に選んだほうが良いでしょう。詳しくはセミナーにてご説明しております。

1-3.金融機関は「投資」ではなく「事業」に融資する

不動産「投資」とはいうものの、あくまでも「賃貸業」ですから立派な「事業」です。金融機関が投資のためにお金を貸すことはありません

「投資」というとギャンブル要素の強いものというイメージがありませんか?

金融機関は、その事業へ融資をして本当に資金を回収できるのかどうか、ありとあらゆる角度から検証します。とくに融資にあまり積極的ではない地方の金融機関などでは言い回し一つで相手に与える印象が変わりますから注意しなければなりません。ほんの小さなことですが、融資相談では「投資」と伝えるのではなく「不動産賃貸業」と表現を変えることで、担当者へ与える印象も変わります。

もちろん融資がおりるかどうかは、その物件の収益性や属性が大前提としてあってのことです。ただ、冒頭でも紹介したように様々な点から融資をするかどうか判断されることを考えると、表現一つにも気を配るべきだということがお分かりいただけるかと思います。

2.融資について相談できる不動産会社を見つける

融資について相談できる不動産会社を見つける

ここまで融資についての裏話とも言えるものをご紹介してきましたが如何でしょうか?なかには「面倒だな」と思われた方もおられるかもしれませんね。

たしかに、初めての不動産投資では物件選びや融資付けなど悩むポイントが多いので、どうしても気持ちの面で折れてしまうこともあるでしょう。そこで大切なのはトータルサポートを受けられる信頼できる企業を見つけるということです。

ミライトハウスでご紹介しているセミナーでは、シェアハウス投資についての魅力や戦略などを分かりやすくご説明しております。個別相談では融資についてのご相談も承っておりますので、融資付けが心配なかたでも安心してご相談ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ