シェアハウスの掃除問題

なぜシェアハウスがこれほどまでに人気なのか

多方面から注目されるシェアハウスの魅力とは

高い利回りや空室リスク対策のしやすさなどで不動産投資家から熱い視線が注がれることも多いシェアハウス。しかし注目しているのは投資家だけではありません。

今回はシェアハウスの魅力についてご紹介します。

1.職業や年齢層も様々!漫画家からの注目度も高いシェアハウスとは

職業や年齢層も様々!漫画家からの注目度も高いシェアハウスとは

プロの漫画家のようなかたでもシェアハウスでの生活を選んでいることがあります。

シェアハウスには、年齢や趣味嗜好、価値観、職業の違うひとが共同生活をしているので、自宅にいながらにして新しい発見を得られます。これは一人暮らしにはないもので、漫画家のように日々アイディアや情報を求めておられる方などにとっては魅力的です。

・アイディアに詰まっている
・リフレッシュしたい

このような時は誰にでもあるものです。シェアハウスのような共同生活を選ぶ人が多いのも不思議はありません。

2.部屋の広さよりも立地を優先させたい女性の心理とは

部屋の広さよりも立地を優先

部屋探しをするとき「交通の便がよく、部屋も広く、家賃は○万円まで」というように“理想の部屋”の条件を上げると、家賃がどこまでも高くなってしまいます。

収入が高いかたなら問題ないものでも、派遣や契約、アルバイトなどの非正規雇用として働くひとにとっては大問題。条件を見なおしてどこかで妥協しなければなりません。

じつは妥協されやすいポイントが「部屋の広さ」であり、妥協されにくいものが「立地」です。

興味深いデータのひとつが、「最寄駅からの時間」。男女ともに3~4位と順位に大差はないが、男性52.1%、女性70.1%と、女性のこだわりが特に強い。さらに女性は、32.6%の人が「セキュリティ」を重視している。駅からの帰り道の安全、部屋のセキュリティなど、防犯意識の高さをうかがわせるデータがチラホラ。

※引用:SUUMO

女性はとくに防犯面を気にするかたが多いので、男性にくらべて立地やセキュリティを重視する傾向にあります。

「すこし部屋が狭くなったとしても住みやすいところ。立地がよいところ」を探すのは決して珍しいことではありません。そして、このような物件はどうしても家賃が高くなるものですが、シェアハウスならば初期費用や家賃などを抑えることができます。また、物件によっては警備会社と契約しているなどセキュリティ面が充実しているものもあり、女性でも安心して過ごしていただける環境になっているのです。

3.テーマのある暮らしに注目が集まるのは何故か?

「どこでどのように暮らすか」

いま一人暮らしでも生活スタイルを充実させようとするかたが増えています。たとえ収入が少なくても豊かな暮らしができる。それがシェアハウスに注目する人が増えている理由でしょう。

たとえばジムがあるシェアハウス、シングルマザー限定のシェアハウスのように、テーマを作ることで高い入居率を狙うこともできます。

たとえばジム付きのシェアハウスならボディメイクに特化した暮らし。美容家電が付いている物件では女性が多くなりますから、入居者同士で情報交換をしたりメイクの練習をしたりと、一人暮らしではできない生活ができます。シングルマザー限定なら、体調が悪いときに子どもの面倒をお願いする、不安なことや困ったことを相談するなど入居者同士で助け合うこともできます。

よく「今の時代、ご近所付き合いが希薄になっている」と言われていますが、決してコミュニティが無くなったわけではありません。人との繋がりや付加価値のある住まいが人気を集めているのには、いまの時代にあった人付き合いのカタチがあるからです。

3-1.これからの時代に求められる住まいとは

仕事や進学などで実家をでてから一人暮らしを始めたものの、話相手のいない生活に耐えられず実家に変える人もいるでしょう。誰かとご飯を食べる生活、「ただいま」と言える生活は一人ではできません。だからといって必要以上に干渉されたり、プライベートな時間が取れないのも考えもの。

いま若い世代を中心に求められているのは「適度なコミュニティのある暮らし」です。シェアハウスのように個室があってプライベートを守れ、しかも人との繋がりのある生活に注目が集まるのは自然なことでしょう。

この記事の後によく読まれています

ページトップ