入居者から寄せられるクレーム例

自営業でも融資を受けて不動産投資はできるのか?

自営業で融資を受けられる人、断られる人

サラリーマンのように安定した収入があるかたは金融機関から融資を受けやすいのですが、年収や月収などがバラバラになる自営業のかたは少々厳しくなります。ただ自営業だから絶対にNGというわけではなく、金融機関によっては融資を受けて物件を購入できるので諦める必要はありません

審査には過去3期分の決算報告書や確定申告書などから所得を判断し、黒字経営であれば問題ないとする金融機関もあります。たとえ一時的に赤字がでていたとしても、それが説明のつくものであれば融資を受けられることもあるでしょう。これは金融機関の方針によっても大きく変わるので、まずはお問合せください。

1.わざと赤字決算にしていると融資不可になる?

わざと赤字決算にしていると融資不可になる

自営業のかたは確定申告の際に様々な経費を計上して収入を少なくしようとされることもありますが、なかにはわざと赤字決算にしている場合もあります

たとえ節税のための赤字で本業は好調だったとしても、銀行は赤字としてみますから「絶対に返済する」とどれほど言おうと融資不可になる可能性が高く、不動産投資は非常に難しいでしょう。

金融機関は返済能力もみているので年収が低いということは返済能力も低いと見られてしまいますし、基本的に金融機関は債務超過や赤字の会社への融資を避ける傾向にあるのです。

基本的に黒字経営が3年続いていること。自己資金があることなど融資には一定の条件があり、これらを満たしていることが重要です。さらにこの基準も時期によって大きく異ることもあるのでまずは相談されることをオススメします。

2.起業するのはサラリーマンの間に物件を買ってからが良い

いつかは起業したいとお考えのかたもおられます。しかし起業して直ぐに収入を得られるとは限りませんし、事業が安定するのもしばらく時間がかかります。そこでサラリーマンを辞めるまえにサラリーマンという属性の高さを活かして不動産投資を始めるのもよいでしょう

毎月安定した家賃収入が得られるということ、管理を委託できる仕組みが整っているので時間を取られる心配がないことなど、不動産投資にはメリットが多々あります。

ひとたび会社を辞め自営業として踏み出すということは、それまでの安定した生活を手放すということですからリスクも高いですが、そんなとき月に数十万円の安定した家賃収入があれば一体どれほど楽になるでしょう

起業したものの事業が上手くいかず、生活のため数ヶ月で会社に復帰するかたもおられますが、夢を抱いて始めたことをお金の問題で諦めるのは苦しいものです。まずはお金の心配のない環境をつくり、そこから夢への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事の後によく読まれています

ページトップ