不動産投資の減価償却とは

空室対策から利回りまで!シェアハウス投資が注目される理由

節税や老後のために不動産投資に注目が集まる

年金だけでは生活できないと分かっていても、なかなか資産を築くことができずに老後の生活への不安を拭えない。“消費税増税”“配偶者控除の廃止”など、増税に不満を感じているかたも多いでしょう。そのような時代でもローンを上手く使って資産を築き、老後への備えや節税を行っているかたがいます。

ここでは不動産投資のなかでも「シェアハウス」にスポットライトを当て、オーナー様の最大の心配事である“空室リスク”や“利回り”などについてシェアハウス投資ならではの魅力をお伝えします。

1.マイナス金利でチャンス到来!一棟物件で空室リスクを回避しよう

一棟物件で空室リスクを回避する

不動産投資とは、アパートやマンションなどを購入して賃貸に出し、そこからの家賃収入を得ることです。

家賃収入だけでなく、たとえば「出口戦略」といわれるように不動産を売却して売却益を狙うこともできるので、人によって戦略が異なるところも面白いですね。この辺りは長くなるため詳しくは無料セミナーでもお伝えしております。

不動産投資を始めるまえに考えるべき大切なポイントはいくつかあります。とくにどのような「物件」を選ぶべきか、賃貸需要のある「立地」はどこか、「利回りの高さ」はどれくらいかなどはよく考える必要があります。これらのポイントを無視した投資ではリスクが高くなるのは当たり前の話ですよね。

具体例を一つお話します。たとえばマンションの一戸を購入する“区分所有”ですが、これは数百万円からでも購入できるので初めてのかたにも挑戦しやすいのが特徴です。しかし、空室期間が長くなれば収入がゼロになりますし、税金や修繕積立金の支払いなどで赤字になること考えられます。設定家賃が低いと利回りも低くなり、立地が悪ければ空室リスクは高まるでしょう。

マイナス金利で追い風が吹いている今、一棟物件の購入で空室リスクを分散させるのも一つの戦略です。

2.シェアハウス投資で複数からの収入を得る

「一棟」といってもアパートにするべきかマンションにするべきかで迷うかたも多いでしょう。どちらにも大きな魅力はありますが、ここでご紹介したいのはシェアハウスです。

シェアハウス投資のメリットは、もし一部屋に空きがでても他からの賃料収入があるので空室リスクを分散できるということ。そして高利回りを狙えるということです。

アパートやマンションなどの一棟もののなかでも、シェアハウスだからこそできることが沢山あり、コンセプト次第で競合と差別化しやすいところなどに魅力を感じるかたもおられます。これから人口減少が進めば空室リスクは高まりますから、差別化をしやすく集客力のあるシェアハウスは投資家からの注目度も高くなっています。

また、水回りなどの設備を集約していることで入居スペースを効率的につくることができ、修繕費などを抑えられることから高い利回りが狙えるのも大きなポイントです。「東京23区内に絞ることで空室リスクを回避したい、でも利回りが地方にくらべて下がるのが気になる」というかたも多いかと思いますが、そのような方にこそシェアハウス投資はオススメです。

3.初めてでも安心!シェアハウス経営をサポート

セミナー

多くのかたがローンを活用して不動産を購入されていますが、初めての投資では分からないことが多く不安になるのも無理はありません。そこでミライトハウスがご紹介する無料セミナーや個別相談ではお一人ずつに合わせたプランをご提案しております。

どのような物件なのか、どのような戦略があるのか、入居付けをどう行っているのかなど、初めてのかたにも分かりやすくご説明しておりますのでお気軽にお申込みください。お忙しいかたにも安心の無料出張相談を行っておりますので、遠方のかたもお気軽にご利用いただけます。

この記事の後によく読まれています

ページトップ