【不動産投資】シェアハウスで家賃低下リスクを回避

付加価値をつけられるシェアハウス経営で家賃低下リスクを下げよう!

シェアハウスならソフト面での差別化ができるという魅力

シェアハウスの場合は木造かRC造かなどの違いで入居率や賃料に違いがでることはあまり考えられません。たとえば一般的な物件の間取りを思い描いてみてください。

不動産投資の利回り

玄関を入るとキッチンスペースとお風呂やトイレがあり、ワンルームタイプなら6畳ほどのフローリングの部屋がある。賃貸情報誌をみてもどれも間取りや設備は同じようなもので差別化しづらいのが難点です。区分マンション投資では同じ棟内にも競合物件があり、周辺のマンションまで含めると数え切れないほどの類似物件があります。すこしでも入居に有利になるようにインターホンをモニター付きに変えるなどのバリューアップをしてみても、すぐに実践できるものは競合物件でも同じように取り入れられ、結局は無数にあるマンションのなかに埋もれてしまうというお悩みを抱えている大家さんもおられます。

そこでシェアハウスの登場です。下記ではシェアハウスならではの強みをご紹介しています。

経年による賃料低下にも強いシェアハウス

シェアハウスの家賃設定

シェアハウスでは「○○ができるシェアハウス」というコンセプトがあったり、一人暮らしでもシステムキッチンが使えたりなどソフト面での差別化ができます。これはかなりの強みであることは言うまでもありません。

これまでのような一般的なワンルームマンションなどでは、新築時は高い家賃に設定していても比較的すぐに満室になっていましたが、年数が経つにつれて家賃設定をみなおし、空室をつくらないようにしなければなりませんでした。しかしソフト面でPRしやすいシェアハウスの場合、築古であってもコンセプトなどを見直すことで古ささえも魅力にすることができます。

※参考:木造にするかRC造にするか決めるときの外せないポイントとは

人気シェアハウスを手に入れるには

シェアハウス運営のプロにお任せ

シェアハウス運営はハードよりもソフト面でどれだけ魅力的にみせることができるかで成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。

ターゲットを女性に限定したりどのようなサービスを提供するのかを決めたりするのにもノウハウが必要ですし、建築基準法の上では「寄宿舎」となるので物件を用意するときにも専門知識が必要です。そこでお勧めなのがシェアハウス運営のプロに管理を任せるという方法です。

ミライトハウスがご紹介しているシェアハウスでは「完全合法のシェアハウス」を扱い、さらに長期にわたり物件を丸ごと借り上げるため空室がでたとしても安定した家賃収入を受け取っていただくことが可能です。詳しい内容は無料セミナーにてご説明しておりますのでお気軽にご参加ください。

※参考:就職斡旋など入居者向けサービスを展開するシェアハウス

この記事の後によく読まれています

ページトップ