入居者から寄せられるクレーム例

悪質な入居者を見抜け!成功するシェアハウス経営の秘訣とは?

悪質な入居者を見分けるのは難しい

高い利回りやニーズの高さ、そして競合物件との差別化のしやすさなどの理由からシェアハウス運営に興味を持つかたは増えています

しかし、シェアハウス経営にはいくつかの課題があることも知っておかなければなりません。これらを簡単に解決するには、後述しますが大手のシェアハウスに特化している企業をパートナーにするべきでしょう。

1.悪質入居者などに悩まされないために

悪質な入居者を見抜け!成功するシェアハウス経営の秘訣とは?

個人でシェアハウスを開こうとするときに問題になるのは「脱法ハウス」などの法的リスクや、清掃や備品交換などの多岐にわたる運営の手間です。

高い利回りが得られるとしても、自主管理ではプライベートが大きく削られてしまうのが難しいところ。また、シェアハウスは共同生活の場ですから一人でもトラブルを起こしやすい入居者がいた場合、ほかの優良入居者に影響が及んでしまいます。場合によっては優良なかたが次々と退去するケースもあります

これはシェアハウスに限ったことではありませんが、滞納や騒音などのトラブルも注意だけで解決するかたであれば良いのですが、なかには何度注意しようとも改めないかたもおられます。

もしかすると「入居者の一人がアパートの家賃を何ヶ月も滞納していて困っている」という話をされる大家さんの話を聞いたことがある方もおられるかもしれませんね。しかし、もし入居させる前に問題を起こすかたかどうかを判断できれば、トラブルを未然に防ぐことができることもあるのです

キーワードは「管理会社」。この選びかたが重要になるのです。

2.管理会社の情報網で悪質入居者をシャットダウン

たとえばAという物件に入居していたかたが、家賃の滞納やトラブルなどを繰り返したことで強制退去になったとします。このかたは次にBというシェアハウスに入居の申し込みをしました。

もしBのシェアハウスを所有している大家さんはAハウスで起きた問題を知りませんから、このかたを入居させてしまうかもしれません。するとこのBハウスに既に住んでいる他の入居者にまで迷惑がかかりますし、やがて耐えられなくなり退去される恐れもあります。大家さんとしてもトラブル対応や家賃の滞納などで管理に手間がかかってしまうでしょう。

では、このAとBの両方を同じ管理会社が管理している場合はどうでしょうか

当然Bハウスに申込みがあっても、入れればトラブルを起こすことが予想されるので断ることもできます。このように悪質入居者の情報がわかれば、次の被害を防ぎやすくなるのです。とくに管理している物件の数が多い大手では、蓄積している情報も多くなるのでリスクはより下がります。

また家賃の滞納があったとしても管理会社が一括で建物を借り上げる“サブリース契約”を利用することで、オーナー様は毎月安定した収入を得ていただけます。ほかにもトラブル対応などにかかる一切の業務も管理会社が行なうため手間もかかりません。このように大手のシェアハウス管理会社を利用することで、よりリスクの低い投資が可能となるのです

3.建築から運営までを任せられるシェアハウス会社とは

冒頭でもお伝えしましたがシェアハウスを合法で運営するには建築基準法の上での「寄宿舎」として認められる物件でなければなりません。これを知らずに中古の戸建住宅を取得し、独自にリフォームを施してシェアハウスとして運営しようとすると「脱法ハウス」になる危険があります。シェアハウス物件をつくるには採光やスペースなど気をつけるべき点は多々あるのです

違法貸しルーム参考画像

※参考:国土交通省「違法がしルーム」についての情報提供について

ただし100%合法でのシェアハウス運営ができる企業をパートナーに選ぶことで法的リスクの心配はなくなります。ミライトハウスでご紹介しているシェアハウス投資は「寄宿舎」として認められ大手企業のものですからご安心ください。さらに建築から管理までトータルで扱っており、手間なくシェアハウス投資を行っていただけます。また、業界大手ということもあり運営のノウハウを豊富に蓄積していることはもちろん、上記のようなトラブルを起こしやすいかたが入居するリスクも防ぎやすくなるでしょう。

完全合法のシェアハウス投資をお考えのかたは、ぜひ業界大手の企業をパートナーにお選びください。下記の無料セミナーではシェアハウス投資の魅力やコンセプトなどを分かりやすくご紹介しております。出張個別相談も無料ですので、お気軽にご利用ください。

4.オーナー様と入居者様どちらもがWin-Winとなるために

シェアハウスでは複数のかたが共同生活を送るので、一人でも悪質な入居者がいるとどうしても周りの優良入居者にまで迷惑をかけてしまうことになります。情報を共有し、トラブルを未然に防げるような体制を整えることは、シェアハウス運営を成功させるために欠かせません。

シェアハウスは今非常に注目されている投資方法ですが、共同生活ということもありますので物件を取得したあとの管理まで考えてパートナー企業を選ぶことが大切になります。完全合法のシェアハウス投資にご興味をお持ちのかたは、お気軽にミライトハウスへご相談ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ