リノベーションでコストを抑えてシェアハウス開業を目指す方法

新築には無い魅力が盛りだくさん!不動産投資へのハードルは意外と低い?

不動産投資はアイディアや手法次第で驚くほど安くできることがあります。たとえば相続でアパートを引き継いだという方はその代表例でしょう。しかし中には土地や建物など不動産を一切持っていなかったという方が、築古物件や訳あり物件をうまく再生し、ごく普通のサラリーマンから専業大家さんへと転身されたという話もあります。

そこで今回ご紹介する内容は、既存の物件をシェアハウスにリノベーションして運営するというもの。初心者投資家にもオススメなリノベーション物件に注目してみましょう。

1.リフォームとリノベーションとは何が違うの?

「リフォーム」がキッチンなど古くなった設備を入れ替えることで“修繕”するのに対し、「リノベーション」は既存の建物の良さを活かしながら間取りや設備などを変更することで新しい機能を追加したり、新築時よりも価値を向上させたりすることをいいます。

あまり深く分類すると混乱してしまいますが、簡単にいえばリフォームという大きな枠のなかにリノベーションがあるというイメージです。

●リフォームの例:クロスの張替え、設備の入れ替え、外壁塗装など

●リノベーションの例:大規模な間取り・デザインの変更、増改築など

たとえば戸建て物件をシェアハウスに変更するとき、プランにもよりますが間取りの変更や給排水・電気・ガス配管の見直しなどリノベーションをすることになるでしょう。しかし既にある建物を上手く活かすので、新築するよりもかかる金額を抑えられますし、物件によっては僅かな変更でもよい場合があります。

リノベーションは初期費用を抑えてシェアハウス開業を目指すかたが注目する戦略です。リノベーション費用などは物件やプランによっても異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

2.リノベーション後の管理運営まで任せられる企業を選ぼう

既存物件をつかった不動産投資で難しいのは、リノベーションを任せられる会社を見つけることと、次に「管理運営」を任せられる企業を見つけることです。

とくにシェアハウスの場合、入居者サポートや清掃など管理が多岐に渡るため、通常のアパートやマンションとは異なるノウハウを持つ企業でなければなりません。できればリノベーションと管理運営をワンストップで依頼できる企業をオススメします。

また、企業によっても管理委託費はことなるので、ランニングコストまで考えたうえで考えるとより安心です。

3.シェアハウスを開業するなら新築とリノベーションどちらがオススメ?

シェアハウス開業を目指す場合、新築かリノベーションかを決めなければなりません。どちらにも魅力があるので悩むところ。一つの基準としては、どれほどの家賃収入を目指すのか、出口戦略をどのように考えていくか、すでに物件を所有しているのか等を考えてみるとよいかもしれませんね。

たとえば現在アパートなど収益物件を所有しているものの、空室が増えてしまい運営に困っている方であれば、リノベーションしてシェアハウスに生まれ変わらせることで利回りを上げられる場合があります

不動産投資には様々な戦略があり、どれが正しいというものではありません。物件を安く手に入れ、それを最大限活用して資産を築く方法もあれば、土地から購入してシェアハウスを新築して利回りを上げる方法など実に様々。その方にあった方法で無理なく投資することで、より安全な投資ができるのです。

自己資金が少ないかたでもシェアハウス投資は可能です。ご相談は無料。まずはお気軽にお問合せください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ