マイナス金利の影響

一体なぜ?戸建て物件が管理会社から断られる理由とは

現金購入もできる格安戸建てのリスクとは

アパートやマンションなどの価格が高騰していることなどから、築古の戸建て投資に注目されるかたもおられます。とくにローンを組まずに現金で購入したいと考えるかたなどに人気があります。

しかし今のように新築物件が続々と建てられていることで、これからは築古戸建てなどの物件は管理を委託しようにも不動産会社から断られる時代になるかもしれません。

1.買いやすいのと経営しやすいのとは別の話

戸建ての不動産投資で管理会社が見つからない時代がくる

戸建て投資の最大のメリットといえば価格です。築年数や立地にこだわらなければ500万円以下のものもあり現金で購入しやすくなっています。修繕費用やリフォーム費用などは事前に調査して見積もりをとり、問題ない金額に収まりそうであれば購入してみてもよいかもしれません。土地と建物がセットで手に入るというのは非常に魅力的です。

しかしこれはあくまでも購入での話なので、実際には価格だけでなく様々な条件を含めて買うか見送るかを判断しなければなりません。不動産投資では購入よりも経営する期間のほうが圧倒的に長くなるわけですから、たとえばその物件に入居者がつくのか、どれほどの家賃で貸し出せるのか、周辺にスーパーや小学校などはあるのか、駐車場は何台停めることができるのか等を含めて考えるとよいでしょう。

そして重要なことがもう一つあります。それは「管理を安心して任せられる不動産会社があるか」ということです。

2.管理を断られることもある築古戸建てのリスク

戸建ての不動産投資で管理会社が見つからない時代がくる

やはり築年数が古い物件は入居者募集をしてもなかなか決まらず、長期間空室になることも少なくありません。入居付けを安心して任せられる不動産会社を見つけることがとても大切です

2-1.新築や築浅物件の労力と比べられることも

しかし築古の物件は修繕が次々と発生することもあり、手間や労力がかかることなどから不動産会社に管理を断られることもあります。さらにはマイナス金利の影響もありここ数年で新築物件が多数登場していることも考えなければなりません。

修繕や入居付けなど管理にかかる手間などを考えると、戸建てより新築や築浅の物件を管理したいと思う企業が増えてくることもあるでしょう。

2-2.規模を拡大したくとも出来ないケースも

管理を委託できないとなれば大家さんの自主管理ということになります。しかし戸建て投資は家賃が安いので規模を拡大する必要がありますが、規模を拡大すればするほど手が回らなくなり入居率の悪化や建物の劣化などの悪循環へ突入する恐れもあるのです。

戸建ては価格が安い、競合が少ないなどのメリットもあり、一部のかたにはとてもオススメな投資対象です。ただし価格は安くてもそれ以上に修繕費用がかかることもあるため、購入前には専門家に調査を依頼するなどし、物件の状態を確認したり修繕費用の見積もりを取ったりしながら慎重に判断したほうがよいでしょう。

下記では戸建て投資のメリットとデメリットを詳しくご紹介しているのでご参考ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ