太陽光発電のメリット

太陽の光でいざ発電!太陽光発電を始める理由とは

太陽の光でいざ発電!太陽光発電投資に魅せられて

いま太陽光や風力など自然エネルギーをつかった投資方法に注目が集まっています。よくメディアでも「再生可能エネルギー」という単語が踊っていますが、実際にどのようなメリットがあるのか、等、分からないことも多いもの。

そこで先ず太陽光発電についてのメリット・デメリットといった基本的な知識からチェックしてみましょう。

1.太陽光発電(ソーラー発電)とは

「太陽光発電」とは屋根などにソーラーパネルを設置し、太陽の光を電気に変える発電方式のこと。ソーラーパネルをつかうのでソーラー発電と言われることもあります。そして太陽光発電によって作られた電気を電力会社に売却(売電)する投資を「太陽光発電投資」といいます。

ソーラーパネルは狭いスペースでも置けるので、近ごろは一般住宅にも取り入れられていますね。もちろん投資として取り組むにはある程度広い土地が必要になりますが、たとえ土地や自己資金をお持ちでない方でもローンを組んで参入できます。

そして最大のポイントはエネルギーの確保がしやすく、しかも無尽蔵に降り注いでいるということです。

この膨大なエネルギーを電気にしてお金に変る、という方法は太陽光発電投資ならでは。環境にも優しいので補助金制度や、固定価格買取制度があるなど、ほかの投資とはまた違う魅力があります。

日本では2000年代中盤から普及が進み、2011年の福島第一原発事故などから自然エネルギーを使った発電に注目が集まっています。

2.なぜ太陽光発電を始めた方がよいのか

先ほど挙げた無尽蔵のエネルギーという点以外にも多くのメリットがあります。

  • 無尽蔵なエネルギーで枯渇する心配がない
  • 補助金や固定価格買取制度などが充実している
  • 節税効果が非常に高い
  • 使っていない土地を活用できる
  • 年金プラスαの収入源として
  • ローンを組めるので自己資金が少なくてもOK
  • 土地がなくても投資できる
  • 賃貸経営とは違い空室リスクの心配がない
  • クレーム対応や管理の手間がない
  • 賃貸経営のように立地に左右されることがない

たとえば空室になれば家賃収入に影響する不動産投資とは違い、太陽光発電では太陽の光があれば安定した収入を得られますし、入居者がいないのでクレーム対応といったものもありません

また、マンションであれば駅から徒歩10分以内、コンビニから近いなど「立地」が入居率に大きく影響しますが、太陽光発電ではそれがありません。そのため土地の安い地方や郊外などにはソーラーパネルが並んだ発電所が点在しており、今も刻々と電気を生み出しているのです。

さらにクリーンエネルギーは地球温暖化抑制に貢献するということから、国や自治体による補助金制度や固定価格買取制度などを受けられるところも魅力的。たとえば「固定価格買取制度」では、発電した電気を固定価格で20年もの間、国が買い取るという内容です。

参入するのが早いほど節税や売電価格などのメリットが大きいので、気になるかたは早めに参入するほうがよいかもしれませんね。

3.気になる費用は?自己資金は少額でもOK

魅力溢れる投資ですが、気になるのは費用やローンについてです。購入できる物件価格は融資がどれほど降りるのかに左右されます。

ただ、太陽光発電は国や自治体も注目しているため、補助金などの制度が設けられており参入しやすい分野といえるでしょう。たとえば不動産投資では「アパートローン(プロパーローン)」という融資を組むのですが、これは「年収500万円以下NG」など各金融機関によって融資条件が設けられており、ときには融資が降りずに購入を諦めるということもあります。

その点、太陽光発電では「ソーラーローン」というものが用意されており、融資によってはハードルが低くなっているのです。たとえば「担保なし」「自己資金なし」という条件でもローンを組んでスタートできることもあります。

注意したいのは、不動産ローンとは違い、ソーラーローンでは土地の購入分が除外されるというところ。

つまり土地を購入するには、日本政策金融公庫などで別に借り入れを起こすか、自己資金を充てなければならないということです。よく分からないというかたもおられるかと思いますが、融資については業者に相談することができるのでそれほど心配する必要はないでしょう。まずは下記サイトで物件を探し、気になるものがあれば問合せてみてください。

私たちは太陽光発電においても掲載物件数、提携企業数ともにNo.1の実績をもつ「メガ発」の運営も行っております。ご相談はすべて無料ですので、お気軽にお問合せください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ