東京の不動産投資なら高利回りシェアハウスを狙え

地方の過疎化と東京の人口増加

これから不動産投資をはじめようとするひとに知っておいて欲しいのは、まず「地方よりも東京」に買うということ。そして「シェアハウス」への投資がオススメだということです。この二点の魅力を知らないまま地方の中古物件を買うと、入居者が集まらずに失敗することもあります。初心者大家さんの失敗談を探してみると、実際このような話があることに気づくでしょう。

不動産 東京

まず一点目「地方より東京」の理由。物件に収益を生んでもらうためにはニーズのある地域に建てることがポイントです。何を当たり前のことを、と思うひともいるかもしれませんが、不動産投資を始めたばかりのころは分からないことのほうが多いので、どうしても物件情報一覧に書かれている表面上の価格と利回りだけで選んでしまいがち。試しにインターネットで中古物件を検索してみると、地方にはかなり安い価格で高利回りの物件が売りにだされているかと思います。この価格に惹かれて「東京か地方か」で悩むひとは意外と多いのです。

ただ地方は人口流出が深刻化していることを忘れてはなりません。もし需要のないエリアに買ってしまうと、あとから空室に悩むことも出てくる恐れがあります。投資するなら入居者を集められるエリアにするべきなのは間違いないこと。そこで毎年多くの人口流入がある東京をオススメします。

減る給与とシェアハウス投資がいい理由

二点目の「シェアハウス」がいい理由。色々と挙げられますが、まず大きなものは今の時代、不景気の影響から収入が少ないひとが多いということ。よくニュースではパートやアルバイトで働くひとが急増していると報道されていますが、言い換えれば低所得者層が増えていることになりますよね。入居者が出せるお金がすくなっているので、一昔前なら「敷金礼金2ヶ月」など普通だったアパートやマンションでさえ、空室を埋めるために「敷金礼金ゼロゼロキャンペーン」をうっていることも珍しくなくなりました。

では就職先を求めて地方から東京に引っ越すとして、敷金礼金のない“ゼロゼロ物件”で探したとき、一体いくらのお金が必要になると思いますか?

引越し代や最低限の家具家電購入などを含めて見積もると安くても30~40万円は必要になります。インテリアにこだわりたい、駅から近いところが良いなど条件を絞るとさらに高くなるでしょう。収入が不安定な若い世代がこのような大金を用意することは簡単ではありません。親世代も不景気の影響を受けており、援助したくてもできないご家庭が多いのが現実。かといって地方には仕事もなくパートや派遣社員として働くひとが多い。

このようなことから、ここ数年でシェアハウスへの注目度は急上昇。テレビでも某人気番組をはじめとしてワイドショーやドラマなどでシェアハウスが舞台になることも増えています。

寄宿舎型シェアハウス

シェアハウスも一昔前のイメージとはガラリと変わって、カギ付きの完全個室、センスの良いインテリア、そして警備会社との契約があるなど付加価値の高い物件が増えています。入居者からは普通の一人暮らしと同じ感覚をもったまま共同生活ができるように配慮されている点などが評価されています。

なにより魅力なのは家具家電つきで仲介手数料無料など、一般的な賃貸住宅に入るよりも大幅に費用を節約できるということ。これにより派遣社員やアルバイトとしての働き方が増えた今、シェアハウスの人気は高くなっています。不景気にあっても入居者を集めやすいという強み。これは投資家にとっても魅力的です。

たしかにアパートやマンション投資も、物件選びや運営方法を間違えなければ成功するでしょう。しかし各部屋にバスルームやキッチンを設置する必要があるのでシェアハウスと比べると利回りが低くなりますし、競合が多いことや付加価値をつけづらいこと、そして差別化しづらいといった課題が多く、なかなか手を出しにくいと感じる人も多い様子。アパートやマンションなどはソフト面での勝負がしづらいので、不動産投資を成功させるには競争力の高い好立地の物件を買えるかどうかがカギを握るでしょう。

一方でシェアハウスは、間取りなどのハード面だけでなくソフト面にも付加価値をつけることができるため、差別化を図りやすいというメリットがあります。たとえば築年数の古い建物でも、その古さを魅力に変えることができるということ。賃料を下げるより付加価値をつけることで勝負できるので、いまではシェアハウス投資を始めるひとも増えています。

「不動産投資」と一口にいっても、アパートやマンション、シェアハウス、駐車場など様々なものがあります。もちろん昔からあるアパート・マンション投資がもっとも認知されているのは当たり前ですが、成功させるには“ニーズ”を考えてから、どのような物件を買うか選ぶ必要があります。空室リスクや入居者の経済力、そして物件の競争力などを考えたとき、シェアハウス投資はかなり魅力的。

興味はあるけど何から始めたらいいのか、運営はどうするのかなど、個別でのご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ