シェアハウス投資の企業選び

新築もリノベーションも!東京でシェアハウス投資を始めよう

1.新築からリノベーションまで対応!東京でのシェアハウス経営を始めよう

シェアハウス投資のご相談はこちら

ミライトハウスでは主に東京23区内でのシェアハウス経営についてサポートを行っております。新築はもちろん、すでに物件をお持ちのかたはリノベーションによる転用も可能です。

たとえばマンション(一棟、区分問わず)や一戸建て住宅、アパート、ビルといった様々な物件もリノベーションできる可能性があります。新築投資のみでなく、既存物件の活用でお悩みのかたも、まずはお気軽にご相談ください。

(※新築、リノベーションの対象エリア:東京23区内)

2.シェアハウス投資を成功させるために企業選びに気をつけよう

シェアハウス投資の企業選び

シェアハウスは建築基準法上では寄宿舎(きしゅくしゃ)というものに分類されます。たとえば飲食店が“住まい”としては適していないつくりになっているように、シェアハウスでも様々なルールが設けられているのです。たとえば窓を設けて採光をとることや、居室の広さなどですね。独自のリノベーションをオススメしないのは、このような点が理由です。

新築もリノベーションでも、法令にもとづいて間取りなどを決めなければなりません。これには専門的な知識が必要になるので、依頼する場合はシェアハウスに精通した実績豊富な企業を選びたいところ。

しかしここで問題があります。

シェアハウスが日本でも急速に広まったことで参入する企業が増えたのです。なかには実績が乏しいものや、法令に違反しないかと不安を感じるものがあるかもしれません。とくに法令については注意が必要で、建築基準法に違反したものは「脱法ハウス」と呼ばれており、国交省による摘発や指導が行われています。

最初から寄宿舎として建てる新築シェアハウスなら問題ありませんが、既存物件をリノベーションするかたは、法令もクリアできる企業へ相談しましょう

この記事の後によく読まれています

ページトップ