1Rと1Kとの違い

空室対策にもなる「家具家電付き」のシェアハウス投資とは

初期費用を抑えられる物件は人気もある

リフォームやフリーレントキャンペーンなど「空室対策」といっても色々あります。そのなかでも今回ご紹介するのは「家具家電付き」にする方法です。

とくに単身者をターゲットにしている物件をお持ちならば一考の価値があるでしょう。一般的に引っ越しをしようと思えば数十万円はかかりますから、初期費用を大幅におさえられる家具家電付きの物件は需要があり、空室が埋まりやすくなるといった効果を期待できます。まだ物件をお持ちではないかたは、管理などをすべて委託できる「シェアハウス投資」を検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは家具家電付きにする際の注意事項なども併せてご紹介しています。

1.シェアハウス需要が伸びている理由とは

一般的なシェアハウスには家具家電が最初から備わっていることが多く、初期費用を大幅に押さえて引っ越せる点などが注目されています。

シェアハウスを選んだ理由1

シェアハウスを選ぶ理由でも「初期費用が安い」ことを挙げる声が多く、家具家電付き物件へのニーズが高いことが伺えますから、競合物件との差別化でもある程度の効果が期待できるでしょう。

2.初期費用を大幅に抑えられることで入居を決めるケースもある

引っ越しには引っ越し費用だけでなく敷金礼金や仲介手数料、家具家電の購入などがあるので数十万円は用意しなければなりません。学生や新社会人などの方にとっては大きな負担になるので、少しでも初期費用を抑えたいと思うのはごく自然なことでしょう。

たとえばテレビや冷蔵庫、洗濯機、掃除機など必要最低限なものが最初から備わっている物件は単身者や法人、春から初めて一人暮らしをするかたなどからとくに人気があります。さらにテーブルや椅子、ラグマットなどの細かなものまで充実させることもできますし、大家さんのなかには壁紙を選べるようにしているケースもあるようです。

もしターゲット層が若い女性ならば女性に人気のあるインテリアにすることで内覧時に好印象を与えることができるでしょう。内覧にたどり着くまでの物件検索の段階でも、ほかの競合物件よりも強くPRすることもできます。いまは殆どのかたが不動産屋の窓口を訪れる前にインターネット検索で物件を絞り込んでいるため、写真や設備などで魅力を伝えられれば問合せの件数を増やすこともできるというわけです。

3.家具家電付きでも入居者が決まらない意外な理由とは

家具家電付きでも入居者が決まらない理由

家具家電を付けて募集を開始しても反響がない場合、それは写真の撮りかたに原因があるかもしれません。どのような良い物件でも写真映りが悪ければ魅力は半減してしまいます。

いまはスマートフォンでも十分キレイに撮れますから、高いカメラを購入する必要はありません。まずは清潔でオシャレに見せることを意識しながら、光の取り入れかたや家具の写しかたにも気を配りつつ撮影しましょう。

とくに浴室やキッチン、トイレなどの水回りは見え方がとても重要です。通常どおりに撮影すると全体的に黄色みがかかった写真になりますが、ホワイトバランスを上げて撮影することで白く清潔な印象を与えることができます。女性などは水回りを気にされるかたが多いので写りを確認しながら撮影してください。

また、姿鏡がある場合は画面内に鏡が映ることで部屋が広く見える効果もあります。鏡がない場合も、部屋と部屋を仕切っている扉を開けて撮影するなどで奥行き感を出すことができますし、広角レンズを使えば自然と広く映るでしょう。このような撮影方法一つとっても、手を抜いているかどうかで問合せ件数が変わる可能性があります。

4.家具家電付き物件ならではの管理の手間などを全て委託できるシェアハウス投資とは

家具家電付き物件は空室対策には効果がありますが、それでも入居者の好みの問題や、メンテナンスの手間、故障時の対応など難しい問題もあります。一般的な「家具家電なしの物件」に比べると修繕などの手間がかかるのは避けられません。故障などが起きたときにも直ぐに対応できる体制を整えておく必要があります。

しかし、ミライトハウスがご紹介しているシェアハウス投資ならば入居者ターゲットに合わせた家具家電をご用意しており、さらに管理まですべてお任せいただけます。また入居者募集などの手間や設備が故障した際の対応も管理会社が行なうため、オーナー様は一切の手間をかけることなく毎月安定した家賃収入を得ていただけるのです

このほかにも魅力は様々ありますが、たとえば管理会社が建物を一括で借り上げるため空室が出たとしても家賃収入に変動がないことも多くのオーナー様から高く評価されています。高いニーズがあり、安定した家賃収入が得られる不動産投資なら「家具家電付きのシェアハウス投資」がオススメです。

詳しくは下記を是非ご覧ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ