これが現実!20代女性の平均年収は正社員でも低い

これが現実!20代女性の平均年収は正社員でも低い

20年で100万円近く下落している平均年収

長引く不況から、ここ20年ほどの間にサラリーマンの平均年収は100万円近く下がっていると言われています。収入が下がるだけでなく、物価や税金はあがっていますし、国をあげての円安政策で銀行にあずけている預金の価値さえ下落しています。

厳しさが続く日本経済。では私たちがターゲットにしている“20代女性”の平均年収はいったいどれくらいなのでしょうか?ここでは年齢別、企業規模別などさまざまな角度から調査した結果をお伝えします。

(※データ参考:厚生労働省ホームページ

正社員か非正規雇用かで差は開く

年齢別の月収データ①

当然といえばそうですが、正社員か非正規雇用かで収入は大きく差が開きます。ここでは20代前半(20~24歳)と後半(25~29歳)に分けてデータを見ていきましょう。

正社員で働く20代女性の平均年収

20代前半:約228万円(月収19万円)
  後半:約264万円(月収22万円)

非正社員で働く20代女性の平均年収

20代前半:約192万円(月収16万円)
  後半:約216万円(月収18万円)

厚生労働省のデータを元に計算すると、賞与が無いとして単純に12ヶ月働いたときの20代女性の平均年収はこのようになります。(※小数点以下四捨五入)

とくに後半での正社員と非正社員の年収は大差をつけていますね。だいたいは年齢が上がるとともに収入も増えるのですが、派遣やアルバイトで働く女性は、大幅な収入アップは望めません。

年齢別の月収データ②

賃金格差をグラフにしたものがこちら。正社員として働けたとしても、男性に比べて女性の収入は低い水準にあります。

もちろん非正規雇用で働いているひとの中には、結婚をして夫の不要の範囲内で働きたいからわざと収入を抑えているかたもおられるでしょう。しかし晩婚化が進むいまの時代、20代というのは女性であってもまだまだ働き盛りの年齢。

少しでも高い収入を目指して、正社員としての求人を求めて、彼女たちは東京へと移動してきます。(※詳しい情報は「地方の過疎化の理由にて紹介。」)

企業規模での平均年収格差は広がる

勤め先の企業規模がおおきければ、平均年収も高くなる傾向にあります。そこで大企業、中企業、小企業にわけて平均年収をチェックしてみました。(※小数点以下四捨五入)

年齢別の月収データ③

大企業で働く20代女性の平均年収

20代前半:約240万円(月収20万円)
  後半:約276万円(月収23万円)

中企業で働く20代女性の平均年収

20代前半:約228万円(月収19万円)
  後半:約264万円(月収22万円)

小企業で働く20代女性の平均年収

20代前半:約216万円(月収18万円)
  後半:約240万円(月収20万円)

企業規模が大きくなるにつれ収入も上がっていることがよく分かります。とくに注目なのは大企業の20代前半と、小企業の20代後半の収入が同じ水準にあるということ。

平均年収は調査機関によって金額が変わるのですが、これは調査方法に違いがあるため。たとえば企業規模に関係なく年齢別に調査していたり、正規と非正規雇用が合算されていたりなどですね。

ただ、どのデータをみてもやはり正規と非正規との収入格差は大きく開いています。より高い収入を求めて地方から東京へとやってくる若い女性は増えていますが、東京のアパートやマンションを借りようと思えば初期費用を含めて30~40万ほどかかってしまうのが現実。20代ならそれほど貯えは多くないでしょう。

不動産投資を成功させるカギは入居者のニーズを捉えること。いま、東京のシェアハウスの入居者が後を絶たないのは、このような理由が大きく影響しているのです。

この記事の後によく読まれています

ページトップ