投資家必見!首都圏の賃貸成約数が前年比で減少

マイナス金利は不動産投資にどんな影響を与えるか

日銀のマイナス金利導入でどう変わる?

平成28年1月下旬、日銀の黒田総裁が突如として発表した「マイナス金利」導入。これにより不動産大手の三井不動産や住友不動産などの株価は急上昇するなど大きなインパクトを市場に与えています。

日本銀行は29日の金融政策決定会合で、金融機関が日銀に任意で預けるお金に付ける利子をマイナスにする「マイナス金利政策」の導入を決めた。2月16日から実施する。
(※日銀、マイナス金利を導入 日本の金融政策で初

“マイナス金利”とは金融機関が日銀にお金を預け入れるときの金利をマイナスにするということ。決められた額を超えた預金には年0.1%の利子がついていましたが、2月16日からは預金すると利子を得られるどころか0.1%をとられてしまうということです。金融機関は日銀の口座にお金を眠らせておくよりも貸し出したほうが良いと考えるので、多くのお金が市場に流れることになります。

マイナス金利と不動産

一見するとマイナス金利と不動産投資にはあまり関係なさそうに思えますが、じつは金利が下がることでローンを組みやすくなる可能性があります。たとえば住宅ローンや自動車ローンなどですね。

もちろん私たちの預金にも利子が下げられるかもしれないなど影響がでることも考えられるでしょう。お金を預けていても仕方がない状態になれば、住宅の購入などで消費が増え、結果的に景気拡大が期待できるというわけです。ローンを低金利で組めるのなら、これまでは不景気だったからと躊躇していた人たちも、住宅や投資物件の購入などを始めるひとが増えるはず。日銀は「物価上昇率2%」という目標を達成するために“マイナス金利”という切り札を出してきたと言えます。

不動産投資が過熱する!?リスクと対処法について

銀行はマイナス金利を導入されたことで不動産融資を積極的に行うようになると思われます。これは実際にマーケットで不動産株が急上昇したことからも予想できますね。多くの投資家が同じように「日本はこれから不動産が活発になる」と予想しているのです。

不動産投資ローン

これまで融資が引きにくかったひと、さらに不動産投資を拡大させたいと考えているひとは正にいまがチャンス。ただし融資が通りやすくなるということは、勝算のひくい物件でもローンを引け買えてしまうかもしれないということです。もしある程度の知識や経験があるひとなら手を出さないような物件を、相場よりも高い価格で購入してしまうようなことがあれば、いかにミドルリスクといわれる不動産投資であろうと失敗する危険があります。

「立地が悪く、空室の目立つような収益力の低い物件を買う」
「高騰する不動産市場で、相場よりも高い物件を買う」

マイナス金利が発動されればこのようなリスクも高くなるということを頭の隅にいれておきましょう。たとえば利回りが20%超えになっていることもある地方の中古物件は、買ったあとに多額の修繕コストが必要になったり、空室が埋まらず家賃を下げなければならなくなったりと、経験のないかたには分からないようなリスクも潜んでいるのです。

どのように入居者を集めるのか、ほかの競合物件と差別化させる方法はないのか、いまどんな物件への需要が高まっているのか。これらを真剣に考えぬいたからこそシェアハウス投資を選ぶ投資家が増えているのでしょう。人気があるのには確かな理由があります。入居者に選ばれる不動産を運営したいかたは、無料セミナーや個別相談などでも詳しくご説明しておりますのでお気軽にご参加ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ