不動産投資のリスク「家賃滞納」を解決する方法

不動産投資のリスク「家賃滞納」を解決する方法

家賃滞納のトラブルを回避するには

家賃を滞納されることはオーナーにとって大きなリスクであることは間違いありません。

滞納期間が短期間であれば痛手も少ないですが、何ヶ月も続いたり、複数の入居者が滞納したりすると、利回りが低くなるばかりではなくローン返済にも悪影響をおよぼします。

家賃滞納リスク

すでに物件をいくつも持っていて、このような事態への対応にもなれたオーナーであれば特に問題はないでしょう。

ただ、普段は会社勤めをしながら副業として不動産投資をおこなっているかたは、そもそも入居者にどう接していいのか分からず対応が遅れてしまい、どんどん回収が困難になっていきます。

ではどのようにして滞納トラブルを回避するとよいのか、そのポイントをお伝えします。

また、一切の手間を管理会社にまかせて、オーナーは家賃収入だけを受け取る方法もあります。詳しくは「サブリース契約について」をご覧ください。

素早い対応が第一!滞納者へ督促をおくる方法など

家賃滞納者への対応

滞納トラブルを解決するためには早期解決が絶対条件。「1ヶ月以内」に処理することを意識して対応しましょう。

最初は入居者も申し訳ないという気持ちから誠意をもって早めに対応しようと思いますが、やはり管理者の対応が遅くなるにつれ、徐々に「もう少し大丈夫かな?」といった気持ちの変化がおきる危険があります。

督促は口頭か書面かで方法もかわりますが、口頭だと電話に出ない、部屋を訪れても不在などの問題がでてきます。管理物件がオーナーの自宅近くであればいいのですが、遠方の物件の場合はそう何度も訪れるわけにもいかず、また本業があるかたは時間的にも厳しいものがあるでしょう。口頭よりも書面のほうがよいかもしれません。

書面で送付するときは普通郵便より、内容証明郵便のほうがお勧めです。「いつ、だれが、だれに、どのような内容の書類を送ったか」と「いつ相手に届いたか」が証明されるので、あとで「受け取っていない」などトラブルになることも避けられます。

本当にあった滞納トラブル!1人あたり100万円以上

下記は実際にあった悪質滞納者の実例です。これだけの金額を滞納されると、オーナーがうける打撃は大きなもの。

簡単にまとめると4名が長期間にわたり家賃と駐車場代を滞納。一人あたり100万円近い金額を納めず、なんども督促や催促をしたにも関わらず誠意ある対応をしなかったとして民事訴訟まで発展しています。

 【家賃等滞納者への法的措置】藤生英樹建築住宅課長が「市営住宅家賃等を滞納し、誠意のない入居者4人に対して建物明け渡しと滞納家賃等の支払いを求める民事訴訟を前橋地方裁判所桐生支部に行う。今後、顧問弁護士に訴訟代理事務を委託し、提訴する予定」と報告。  個別にみると家賃と駐車場代滞納で91万7400円、家賃で104万1600円、家賃で113万4200円、家賃と駐車場代で115万5900円を滞納しているという。それぞれ長期にわたって滞納している。  いずれも建築住宅課や群馬県住宅供給公社の指導や再三の督促、催告にも応じないことから提訴に踏み切るものという。

(※悪質滞納4人提訴へ 市営住宅家賃未払い)より引用

もちろん滞納されている間にも建物の税金や修繕費の積立などはおこなわなければなりません。上記の例では合計400万円以上。どれほど早く対応できるかが重要だということがよく分かりますね。

個人で管理しているとどうしても対応が難しい部分ですが、管理会社とサブリース契約を結ぶことで集金なども代行してくれるようになるため、本業のあるサラリーマン大家さんなどは利用することをお勧めします。

滞納リスクを回避できるシェアハウス運営

職業斡旋つきシェアハウス

家賃を滞納する理由は「収入がないから」です。地方過疎化の理由でも挙げたとおり、有効求人倍率が1を下回るところもあるほど今は「人あまり」の時代。

ならば私たちは入居者に就職さきを斡旋できないかと考えました。

入居者の収入が安定することで、家賃滞納リスクも回避でき、しかも仲介手数料など家賃外収入を得られます。より安定した運営を行えることで、私たちに管理を任せてくださっているオーナーの皆様や、入居者の皆様へ高付加価値のサービスをご提供できるようにもなります。

「三方良し」は、安定した不動産投資をするうえで欠かせないもの。多くの投資家に選ばれているのは、私たちがご提供している商品に確かな理由があるからなのです。

詳しくは[入居者向けサービスを展開するシェアハウス]をご覧ください。

この記事の後によく読まれています

ページトップ