airbnbのリスク

補助金を出す自治体もあり!注目されるシェアハウスの可能性とは

自治体も注目するシェアハウスの可能性

長野県茅野市はシェアハウスの創業に対して補助金を出すとの方針を示しました。まずは下記をご覧ください。

“交流の場”創業を補助 茅野市と楽園信州ちの
茅野市と田舎暮らし楽園信州ちのは今年度、移住の促進に向けて「人が人を呼ぶ事業」を新たに展開する。ゲストハウスなどの創業者に最大300万円を交付する補助金を新設するほか、市内店舗の店主が移住相談などに応じる「楽ちのステーション」を各地に配置する。移住希望者や市民が集う“たまり場”を作り、口コミで移住や二地域居住を促し、交流を地域の活力にもつなげる計画だ。

※引用:長野日報 2016年5月25日掲載

シェアハウスを取り入れることで、地域のかたと市を訪れたかたとの交流の場ができますし、いわゆる「お試し移住」というように短期間シェアハウスに住むかたも出てくるかもしれません。いきなり移住はハードルが高いですが、事前にシェアハウスに住むことで移住するまえに地域のかたと交流できるというのは非常に魅力的です。

今はまだシェアハウス事業に補助金を出す自治体は少ないですが、今後は同じような取り組みをする地域も出てくる可能性があります。地方で深刻な問題になっている人口減少や活力低下の打開策として、シェアハウスが注目されているといえます。

ただし、シェアハウス運営には注意点もあることは忘れてはなりません。まず一般的なアパートやマンション経営とは違う独自のノウハウが必要ですし、さらに建築基準法のうえでは「寄宿舎」になるため、合法で行なうには高い専門知識も欠かせません。さらにシェアハウスを利用するかたの多くは20代から30代前半の女性たちであり、地方への移住ではなく、地方から都心へ仕事などを求めてやってきているのです。

地方で成功した例もありますが、都心部での経営と比べるとリスクがあるのは否めません。より安定性や将来性を求めるかたは東京23区内に絞ったシェアハウス投資がオススメです

孤独死を防げ!名古屋市の高齢者向けシェアハウスとは

シェアハウスに注目したのは茅野市だけではありません。名古屋市では高齢者の孤独死などを防ぐため、全国初の見守りサービスつきシェアハウス事業を展開しています。その名も「ナゴヤ家ホーム」。

2011年度から始まったこの事業では、市営住宅を改築して2名から3名で同居するようになっており、キッチンやお風呂などを共同使用するところやテレビや照明器具などが最初から備え付けられているところなど、一般的なシェアハウスとほぼ変わりません。最大の特徴はNPO法人による見守りサービスが付いているということでしょう。

孤独死を防げ!名古屋市の高齢者向けシェアハウスとは

このようにターゲットにあわせて付加価値をつけることで、ほかのシェアハウスにはない魅力をもつ物件へと変えられるところがシェアハウスの魅力です。

東京都23区でも孤独死は大きな問題です。平成18年には男女併せて3,395件もの孤独死がおきており、単純に割れば1日あたり10名のかたが亡くなっているということになります。少子超高齢化が進むにつれ、都心でも高齢者向けシェアハウスの需要は伸びるのではないでしょうか。

シェアハウス投資には様々な可能性があります。ミライトハウスでは東京23区に限定した新築土地付きでも利回り8%が狙えるシェアハウス投資セミナーをご案内しており、多くのオーナー様にご好評いただいております。セミナーでは無料相談も承っておりますので、不明な点など何でもお尋ねください。

※参考:孤独死がおきる確率は?高齢者にもシェアハウスが人気の理由

この記事の後によく読まれています

ページトップ